Walter Trout - We're All in This Together

0 Comments
Walter Trout - We're All in This Together (2017)
We're All in This Together

 ブルースメンの世界ってのはやっぱり同じような場所で同じようなのをやっているからアチコチで会ったり意気投合したりするのかね。皆それなりに知り合い的なコミューンになっているようで、アチコチの人のアチコチのアルバムに誰かが参加してたりして割と面白い。今の時代でもそうだし、多分昔もそのままだったんだろうから、今回のウォルター・トラウトの作品のように新旧織り交ぜての超ベテランから同期まで含めての交流をひとつに纏めちゃいましたってアルバムはなかなかユニークで面白い。

 2017年リリースの「We're All in This Together」。モノの見事にすべてが誰かとセッションしているというアルバムで、そこに連なる顔ぶれは今の時代のブルースメンを筆頭としてシーンそのものを象徴するかのような面々が並んでいる。

Kenny Wayne Shepherd / Sonny Landreth / Charlie Musselwhite / Mike Zito / Robben Ford / Warren Haynes / Eric Gales / Edgar Winter / Joe Louis Walker / John Németh / Jon Trout / Randy Bachman / John Mayall / Joe Bonamassa

 古い所ではジョン・メイオールやランディ・バックマン、ロベン・フォード、エドガー・ウィンターあたり、途中はゴソッと抜けてボナマッサあたりからの世代が並ぶ。まぁ、実際作品を聴いているとそこまで意識しなくても何となく、あぁ雰囲気違うのが入ってきてるな、なんてのは分かるからゲスト陣営の目立ち具合は結構くっきり出ている。そもそもウォルター・トラウト自身が目立たなくなってるのか?ってのもあるけど、多分そうでもないんだろう。話題的には十二分な作品だったんだけど、自分的には全然知らなかったな。やっぱり定期的になんかこのヘンも漁らないとこういう面白いアルバムに出会えない。良かった。

 さて、中身の熱気ぶりはどの曲もバトルが繰り広げられるのでやっぱり楽しいよ。ブルースロックの醍醐味のひとつにこういうバトルってあるワケで、ハープとのバトルもあるしギターとのバトルもあるし、ただそれもバトルじゃなくて一緒に熱演していくっていうんでカッコよく仕上がっていくし、そこはもう曲というよりもプレイヤーの楽しみってなるし、聴いている方もそのバトルらしい展開にどうしても耳を引っ張られる。こんなセッションアルバム、なかなか聞けないんで久々にブルースギター好きな側面がクローズアップされて燃えたぎった作品。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply