Muse - Simulation Theory

0 Comments
Muse - Simulation Theory (2018)
シミュレーション・セオリー【デラックス盤】

 期せずしてまるで異なる方向へとこのブログは進むものだ。昔ほど方向性をきちんと決めて書いていないから結構その場その場の流れによるのだが、それでも漠然とこのヘン聴こうかな、とかそのヘン深掘っていけるなら面白いかも、なんて自分でも楽しみにしてたりするんだけど、何の拍子かわからんが、想定していない方向に進む。読む側はそんなん大して気にしてないだろうから何が出てきても良いとは思うんで、気にしてるのは自分だけってのも分かってるのだが、単純に自分が聴こうとしていた辺りに辿り着かないのかもなぁ…という残念感か(笑)。

 Museの新作が出てた。「Simulation Theory」ってアルバムで、今度はエレクトロニクス的サウンドだとか云々。結局評判なんかを見ている限りではMuseの音楽性の変化についていけないとかハードロック的なMuseを求めていたからどうにも許せないとか受け入れられないとかそういうのが多いようだ。そんなん意識しないで聴いてたんだけど、コレもまた凄いアルバム出してきたなぁという印象。もう相当のベテラン大御所なのにここに来てまだ更に突き進むというかチャレンジしていくスタイルも見事だし、その方向性がこれまた斬新なんだからさすがの才能だ。簡単に書けば確かにハードロック路線じゃないし、エレクトリカ路線なんだけど、それは表面の音だけの話で、どっちかっつうとロックとかMuseらしさ、ってのをそういうスタイルでどんだけ表現できるか、みたいな事に挑戦している感じか。そしてそれはしっかりと成功していて、どっからどう聴いてもMuseの音だし、同じくどっからどう聴いてもロックでしかない。ただエレクトリカ的ではあるっていうだけで。

 そういうのって既成概念ぶっ壊してのスタイルで面白いし、そんな事出来る人も多くないし、それが実現されてて、リスナーはそういう変化に対応仕切れない、正に昔のボウイもそういう風に受け止められていたけど、やっぱり結局は作品の質の高さと時代性が評価されて歴史になっている。このアルバムもMuse史の中ではそういう位置付けになるアルバムだろうと思う。むちゃくちゃレベル高いんだよ、とにかく作品がさ。だから曲がつまらないとかアレンジがどうのって話にならない。それが自分の耳に馴染んでしまう頃には好きになっちゃってるし認めている頃だろう。見事な傑作。やっぱりこの人達の信念はホントに突き抜けてる。それが作品に表れてるもん。それにしてもこういうのってどうやって作るんだろ?凄いなぁ…。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply