Wytch Hazel - II: Sojourn

0 Comments
Wytch Hazel - II: Sojourn (2018)
II: Sojourn

 最近何か良いのある?なんて会話はチョコチョコあるのだが、どう答えたモンやら…と。昔ならお気に入りのバンドとかアルバムとかその時に聴いてたモノとかで答えられたんだけど、今はそういうのはもう頭の中で鳴ってるから、ヒトにオススメできそうなモノ、最近なんかあったっけ?ってこんだけ日夜新しいのとか探しながらチャレンジを繰り返している中で、良いとか良くないなんてのは自分の好みだし分からんなぁ…、まだ聞き込めてないからなんとも言えないし、とか自分的にアレコレ言えるほと聴いてないし知らないし、とかになるんで結局ちょいと前に仕入れたネタなんかになる。それもまた怪しいんだが…。困った時には大抵ベビメタが最強♪ってなるんだけどさ。

 Wytch Hazelという大英帝国のバンドの2018年2枚目のアルバム「II: Sojourn」。実はここ最近のストーナー系やら何やらってのはアサイコレクションからの蔵出しモノで、だからこそ新ネタだったりクセのあるのだったりして刺激的ではあるんだけど、このWytch Hazelってのは最近の呟きモノでしてね、どんなんかなぁって見てみればもうジャケット見て分かる人は分かるし、気になる人は気になるでしょう。んで、当然気になって聴いてみればそのまんま、アレ、です。もうちょっと声に艶があればなぁとかもうちょっとメロディアス感強い旋律が多ければ、とかもうちょっと堂々感が強ければ、とかあるんだけど、アルバム通して聴いているとやっぱり紛れもなく大英帝国の美しきツインギターハードロックに収まっている。この聞きやすさは何だ?って思ったけど、ギターがストラトなんじゃないかなぁ…。線が細くて粒が揃ってるから耳に優しいし、妙にパワフルでもないから品のある音が入ってくる。それが二本、ツインリードの美しさがもうちょいだけど、楽曲ではしっかりと主張されているし、巷の評論ではNWOBHM的な、とも書かれているけど、そもそもNWOBHMってそのヘンからも出てきてるから元が同じなのはそうだろ、って気がするが、NWOBHMの再来、ってんではなくてNWOBHMと同じ影響下でやってる、ってトコだ。だから自分的にはNWOBHM的と言われると、その影響下かと勘違いされるので、そうじゃなくて、モロにWishbone Ashなんかに影響を受けたサウンド、それはNWOBHMの一部も同じだったから、という位置付けだね。

 それはもうどっちでもよくって、曲ごとに味を増していく、と言うか「?」ってな気がするのもあるにはあるけど総じて見事に大英帝国ハードロックの再現、ここに新しい要素が入っているかってのは、実はあんまり無い気がする。イメージとか売り出し方はそうかもしれないけど、それも大英帝国の片田舎的な側面で、昔からある話だし、いやはや…なんてトコロだ。代替がジャケット見てくれれば分かるでしょ。音も裏切らないです。少々歪んだギターの出番が多いくらいで、しっかりとアコギ調のも入ってきてるし、しっかりとThin Lizzy的側面もあったりするし、まぁ、あのヘンごちゃ混ぜにして出してきましたってアルバム。この落ち着いて聴ける感は近年なかなか無かったかな。レイドバックでもないし、妙に面白い。多分何度も聞かないと分からないアルバムなんじゃないか。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply