Ruby The Hachet - Valley of the Snake

2 Comments
Ruby The Hachet - Valley of the Snake (2011)
Valley of the Snake

 暗黒系やサイケデリック系のサウンドとかバンドスタイルとかってのは結構多くの人々を魅了するものなのだろう。今の時代になってあちこちでそんなオマージュバンドが山のように出てきてひとつのカテゴリを形成してしまうくらいだし、それなりに売れているのだろうから活動も続けられるのだろうし、なかなか不思議な世界観。自分的には当然嫌いじゃないけど、何度も何度も聴く程のバンドってのもそうそう無いし、だったらサバスとかで良いし、とも思ってしまう。妖しげな女性が歌い上げる妖艶な暗黒バンドなんかだと気になるんで見たりするけど、やっぱりそれも皆似たような妖しさを醸し出すというワケで、衣装も似てくるし、やっぱりイメージが同じなんだろうね、個性が際立たなくなっちゃう。

 Ruby The Hachetと言うこれもアメリカのバンドの2011年のアルバム「Valley of the Snake」。基本シャッフル系なゆったりとしたリズムの上をユラユラと妖しげな女性ボーカルが浮遊しているスタイル、どこかで聴いたことあるようなスタイルの曲が並ぶので心地良さはあるもののフックに欠けるメロディと言うのか、メロディを作っていなくて曲に合わせて流していくだけとも言うような歌のラインでどうにも聴いている側も流してしまいがちにはなる。ただ、もちろんバンドとしてのスタイルは至極こだわったスタイルだし、暗黒感たっぷりなオルガンやギターやベースのリフなのでハマって聴くとかなり気持ち良いものにはなってくる(笑)。このトリップ感がこの手のバンドの売りなんだろうなぁ。

 順序は異なるけど自分的にはこういうのはPursonな印象が強いね。元々はCatapillaな世界と思ってるけど、暗黒感となればやっぱり最近のバンドの特徴だし。ジュリアン嬢ってのがボーカルの女性なのだが、ステージショットとか見てると結構やんちゃな部分もあるみたいで、かなり色気が溢れていて面白そうだ。カリスマ的な存在感もあるし、そういうステージングを魅せられるとリスナー的には取り憑かれちゃうだろうなぁ…。自分もなんだかんだろアルバム聴いて書いてるだけで、生見たら確実に大絶賛に変わると思うもん(笑)。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
kazz_asai  
魔道への誘い

もはや枚挙に暇がないほどの女性voサイケドゥーム。
その中ではかなりメジャーな存在ですね。
こういうバンドはとりあえず目につけばつい買ってしまうのですが、下手にメジャーにならずにアンダーグラウンドなままであって欲しいという感も…我ながら鬱屈しておりますな(笑

2018/10/08 (Mon) 13:09 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
>kazz_asaiさん

Luciferが頭一つ抜けてる感ある、と勝手に思ってますが、このヘンもメジャーになりつつありますねぇ。
それでもまだまだ個性豊かで楽しめます、この世界。

2018/10/08 (Mon) 19:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply