The Autumn Offering - Requiem

0 Comments
The Autumn Offering - Requiem (2007)
Requiem

 バンド名決めるのってやっぱり気合入るモンでしょ。プロが集まってやるようなプロジェクト的なのは冗談みたいなのとか付けられるけど、アマチュアのそれなりのバンドで活躍してってプロ目指すぜ、的な段階とか特にコミック的なバンドを狙うんじゃない限り、それなりにこだわりはあるバンド名にはしたいと思ってるだろうし。そこに季節感あるネーミングを入れるってのは季節が持つイメージを音で表すバンドという偏見がまず入る。「秋」と言うキーワードだとやっぱりそれは切なさとか哀愁とか微妙な雰囲気を体現するという意味合いが強くなるんじゃないだろうか。実際そういうバンド名やアーティスト名だとそういう要素多い気がするもん。

 The Autumn Offeringってフロリダのバンド、2007年リリースの4枚目のアルバム「Requiem」がもちろんジャケットが目に付いたのでちょいと…ってことです。聴いて最初に「やっぱりな」って思ったのはアルバムジャケットの女性が歌っているワケではない、ってこととスゲェメタルバンドだ、っていう事だ。こういうジャケットなんだからそれは予想して然るべきだったんだけどね、その前がEmilie Autumn聴いてたからそういう印象もあったワケですな。だからと言って何か残念だったかってワケではなく、ジャケットとバンド名で選んだ割にはメロディアスで美しさも持ち合わせたガナリ声のメタル…メタルコアってのか、そういうんでブルータルさもかなり強烈で、実は結構好みの音だったりする(笑)。いや、早い話がArch Enemy的な音でしてね、メロディもあるし暴虐さもあるし、ギターは際立ったプレイするしさ。ちょいと粘っこさが足りないのはフロリダだからしょうがないだろうけど、畳み掛けてくるようなスタイルも面白いし、結構なバンドだったんじゃないだろうか。

 2012年くらいに解散しちゃってるみたいで、それも最初期から最後まで結構音楽スタイルが微妙に変化していったらしく、更にコレっていう個性が生かされなかったのもあってこの競争の多いジャンルの中では難しかったようだ。こういうのばかり聴いてる人にしてみれば当然そうなんだろうけど、稀にたまたまこういうバンドを聴いた人間からすると結構味わえるバンド、アルバムで楽しんでいる。集めて聴くかって程じゃないんだけどね、やっぱり凄いパワーとエネルギーがあるし、それはもう実感してて気持ち良いもん。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply