Tarja - Act II

0 Comments
Tarja - Act II
アクト II【2枚組CD(日本語解説書封入)】

 日々の生活内で見かけるアジア系外国人の行動は実に不可思議で目を見張るものが多い。まぁ、マイルドに書いているが「何でそんなことしてるんだ?」ってのがあるって意味ですがね、自国では普通なのかもしれないが、日本だとかなり違和感がある行動に映るというだけなんだろうが、周囲を見てその国に敬意を表しての行動という概念自体が無いのだろうから何とも…。他人に対する迷惑にならない範囲ならともかく、やはりモラルや常識感の違いは違和感を大きく覚えるものだし、何とか出来ないモノなんかね…と無理な事を思ったりする。

 Tarjaのソロ活動も既に13年、Nightwishでの活動も一昔以上前のキャリアのお話でしかなく、それすらも必要のないくらいにソロキャリアを着実に重ねているように見える。実際フィンランドではしっかりとソロ歌手としての地位を確立しているようで、今回の「Act II」というライブアルバムでもその人気ぶりが出ているんじゃないだろうか。もっともこのライブはミラノのものなので自国、じゃないけどさ(笑)。ヨーロッパ圏という広義の意味でも同じなのかな、多分。そのライブ、もちろんソロ活動キャリアの集大成的な選曲になっているものの、Nightwish時代の曲がメドレーで披露されていたりするので、その部分を聴いてると結構ゾクゾクするものがあって、やっぱりターヤの歌声の独自性とNightwishの楽曲のマッチぶりは当たり前だけど天下一品と感じるね。逆にバックの楽器演奏陣営の技量不足感を感じるくらいなんだからNightwishってのはやっぱり世界最高峰のバンドなんだなぁとも思ったりするのだが…。

 正直ソロになってからの楽曲群への思い入れもなければさほどじっくり聴いた記憶もないので、こういう感じなんだろうな、やっぱり出自からしてもメタル楽曲での歌唱が多いワケで、数曲アコースティックやピアノ中心でのものはあるが、ターヤの本質を発揮できていると思えるものが少ないんじゃないかなと感じる。もちろん曲ごとでは素晴らしい歌唱力を聴けるんだけど、やっぱり楽曲の出来具合なのだろう。メタルって難しいジャンルだから少々歌に特徴があるからと言ってそれだけで目立つモンでもないし、楽曲の良さがあるからと言ってもそれだけじゃ難しいし、様々な要素が絡み合うからね、だからターヤの凄さだけじゃしょうがない、って話にもなるのだが。もちろん壮大なライブに仕上げているんでライブを見ていればその感覚はあまり無くて見れるのかもしれないけど、音だけを聴いているとどこか物足りなさは覚えてしまう。それでもやっぱり歌唱力の個性は凄いと。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply