Anna Maria Jopek & Pat Metheny - Upojenie

Anna Maria Jopek & Pat Metheny - Upojenie (2002)
Upojenie

 車でアチコチ出かける時ってのは当然何かしら音楽を流しているのだが、これが結構季節ごとに気分ごとに選ばれる代物になってて、間違っても車の中で流すべき音楽ではないってのがある。この辺を意識するまでは車の中で結構妙なのも聴いてたりしたんだけど、アルバム一枚聴くのと走る距離や気分を考えてみると、やっぱりヘンなのはダメだ、となる。んで今の夏の時期なんからは明らかにNGなのが多数あったりして、それこそブログで書かれているようなのを爽やかに聴きながら、なんて思うんだけどこれがまた案外似合わなくて(笑)。軽やかながいのないフュージョンみたいなのは別に良いんだけど、ちょっとヒネったりしたのが好きだからそういうのを聴くとやっぱり合わない。そもそもジャズ系ってのは合わないんで、はて困った…みたいになる。ファンキーなのも結構しんどくて、じゃ、何が一体?みたいにはなるのだな…。

 ブログ仲間のphotofloydさんからご紹介頂いていたAnna Maria Jopek & Pat Methenyの2002年のアルバム「Upojenie」だ。photofloydさんは女性歌モノが大好きでして、そりゃもうアルバムジャケットから歌までひとつの芸術作品として探求なさっているので、そりゃオススメされれば当然気になるワケですよ。そうでなくても日夜チェックして気になるものは山のようにあるのに…。で、このアルバム、元々はヨペックの方がパット・メセニーの楽曲にポーランド語で歌を乗せてアルバムにするんで、というコンセプトだったようで、二言返事で快諾のパット・メセニーも大したモンだが、ヨペックの心意気も立派なものだ。自国ポーランドではそれなりに絶大な人気を築いていたヨペックではあるらしいが、それがパット・メセニーにも通じたのかどうか‥、それよりも名刺代わりのアルバムなり歌声なり写真なりに興味を覚えたんだろうとは思う。

 掛け値なしにヨペックのアルバム。パット・メセニーは脇役、と言うか話題性のために存在している、とは言い過ぎだが、それくらい地味になってる。いや、地味じゃなくてそれこそパット・メセニーと言わんばかりのプレイはアチコチで聴けるんだけど、それよりも圧倒的にヨペックの雰囲気がアルバムを彩っていて、ジャケットの切なさそのままに可憐な歌声が響いてくる。ジャズボーカル作品、と言うには無国籍すぎるか、かと言ってポーランドってんでもない雰囲気は何故だろう?そこまでポーランドに詳しくないけど、自分的な意識ではもっと硬質で切羽詰まり感あるテンションがポーランド、って思ってるからかな。ある種そういう側面はあるんだけど…、いや、美しい。夜のドライブには最適なサウンドだったりします。ひとりで悶ながら聴いているととっても素敵です。

 女性ジャズボーカルの世界も深いからなぁ…、違いをきちんと文章で書ける自信がないからいつもつまみ食いして次に移っていくという聴き方ばかりしている。それでもヨペックの場合は唯一無二な透明感と無国籍感が特徴的で、これからもいくつかつまみ食いしていく人になりそうですね。




関連記事

Comment

[11123] 嬉しいですね

Anna Maria Jopek に至ってくれて嬉しいです。
彼女は世界の音楽を陵駕する勢いがあります。勿論ポーランドは当然ですが・・・・なんと日本にまで迫ってます。小曽根眞とのアルバム「HAIKU」が、これまた圧巻です。
フレさんを、こっちにも引っ張り込みたくて書かせて頂きました。

[11129] >photofloydさん

ここまで無国籍感なのは初めての出会いかもしれません。
それともこれがポーランド?かもしれない??
そっちの世界には常々引き込まれないように注意はしているんですが(笑)…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/4722-c2674968

アンナ・マリア・ヨペクAnna Maria Jopekの魅力と日本(和)の世界の合体 : 「HAIKU(俳句)」

ポーランドと日本の伝統はジャズで結ばれたか?  アンナ・マリア・ヨペクの2011

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

Live at the Royal Albert Hall 1977 King Biscuit Flower Hour



Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]


Click!!


Powered By FC2