Donald Byrd - Blackbyrd

Donald Byrd - Blackbyrd (1973)
Blackbyrd

 夏の暑い中でも無理をしない程度に暑さに慣れる意味もあって外に出ておく…、それなりの時間外で活動していると暑さに慣れるものだ。もちろんずっと炎天下の下にいるというワケじゃなくて、適度に日陰に入って休んでたり暑かったら涼を取って休憩したりってのもありで、別に過酷な体育会系の縛りがあるもんじゃない。そうこうして数時間外にいるとね、うん、慣れるんだよ。その間はエアコンのあるところは入らないし。感嘆に言えば適度な時間お散歩する、って感じか。何でまたそんな暑い中を、って話だが、そうでもしないと夏の暑さをホント、実感しないんだよ。エアコン三昧になっちゃうから(笑)。やっぱね、何だかんだと夏ってのは暑いのが夏であって、それを体に染み込ませるのも必要かな、と。

 そんな暑苦しいサウンドを醸し出してくれているDonald Byrdの1973年の問題際「Blackbyrd」。問題作ながらも当時のブルーノートからのリリースアルバムでは一番の売上を誇ったと言うんだから、その問題作という意味合いも分かろうと言うものだ。大抵そういうのはコアなリスナーからすると問題なだけであって、一般的な、もしくは別のリスナーからしたら超ウェルカムなサウンドだったって事なんだな。だから売れたって事でそれが証明されたのだな。故にこういうサウンドがどんどんと市場に広まっていくワケで、それがクロスオーバーサウンド、その先にはフュージョンへと進化していく源泉ともなったようだ。だからと言ってこのアルバムがフュージョンというワケでは全くなく、かと言ってもメンツを見ると後のフュージョンシーンを彩るメンツが並んでいるのだからその関係性は自ずと測られるって話だろう。ところがここで聴けるのは圧倒的な実験的ジャズ・ファンク・ソウルの融合作で、どれはもうドナルド・バードって人がメインでやっていながらこの音?ってトコロで既に答えは出ている。

 ドナルド・バードって50年代のハードバップなトランペッターな人で、ジャズのペットしか吹かなかった人なんだよ。それが70年代になってこんなソウルやファンクとの融合で、リーダー作ながらもどっちかっつうとバンドの一員みたいな存在感でペットを吹いててアンサンブルありきのアルバムになってる、即ちクロスオーバーサウンドが出来上がっていて、しかもそれがバンドアンサンブル完璧だったりね。そんな不思議を操ったのはこれまた著名らしいミセル兄弟という方々のお力らしいけど、そこはどうも自分的にはまだよく理解していないので、そういう人たちの実験的なスタイルとドナルド・バードが意気投合して出来上がった異色作、ながらも新基軸の作品として君臨している一枚になったってことだ。聴いてるとね、面白い。何でもゴチャゴチャに入っててジャズなのかソウルなのか何なのかよく分からん。ただ、ひたすら熱くて密度が異常に濃いアルバムが出来上がっている。








関連記事

Comment

[11115]

彼の50~60年代の名盤「Fuego」「Byrd in Flight 」も
黒人色が強かったけど、60年代後半の公民権運動に
影響受けたんじゃないかな。
大学へ行って黒人問題で活動していたはず。

[11127] >おっさん

社会からの影響も当然あったんでしょうね。
熱い時代、でしたからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/4718-88e7e20c

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

Live at the Royal Albert Hall 1977 King Biscuit Flower Hour



Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]


Click!!


Powered By FC2