King Curtis - Live At Fillmore West

King Curtis - Live At Fillmore West (1971)
ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト

 暑苦しい夜に暑苦しい音楽を…、じゃない方が良いってことで爽やかなのを求めて彷徨っていたのだが、どうしてもそうは進み切れない、っつうのかちょこっと気にして聴いてみたら暑苦しくて暑苦しくて格好良い、なんてのもある。まぁ、ボチボチ白熱したのに戻りたいなって欲求もあったんだろうし、熱い夜にも慣れてきたから対して変わりはなかろうというのもあるのかもしれない。もっともお盆休みってのも大きいんだけどね。じっくりと音楽三昧出来るし、この暑苦しい時に外に出ていこうなんて気にもならないし、オタな趣味を持つ自分には良い事ずくめの夏。夏である必要性もないのだが…。

 King Curtisの1971年のライブアルバム超名盤「Live At Fillmore West 」。ご存知このバンドメンバーのままこのイベントで後に出演するアレサ・フランクリンのバックも努めたというライブそのままなんだが、アルバム自体は3月5-7日の演奏から選りすぐっての収録なので実際こういう演奏順のライブでもないし、同一日の流れそのままのライブでもない。きちんと編集されたライブアルバムだ。そして偏見なしに書けば、生々しいライブをそのまま収録したライブ盤よりもきちんと作り込まれたライブアルバムの方が名盤になっている。どっちも聞けるのが一番なんだけど、やっぱりこの時代のライブアルバムは名演奏ばかりを編集して収録しているからその寄せ集めライブアルバムが名盤になるのは当たり前だ。そしてこの作品はその斜め上を行く超名盤、超名ライブアルバムと言って良い作品で、どこをどう見ても悪い評判なんてのはない。ロックファンだろうとジャズファンだろうとファンクファンであろうとこのプレイの凄さは響くはず。響かなかったら聴く音楽世界が全く違う基準な人たちだろう。

 ロックな話題的にはProcol Harumの「青い影」Led Zeppelinの「Whole Lotta Love」ジミヘンもやってる「Changes」なんかのカバーがあって手を伸ばしやすい。ところがアルバムを最初から流すといきなりメンバー紹介からの「Memphis Soul Stew」の凄さ。実際のライブではもちろんアンコール一発目の曲だったらしいけどアルバムでは初っ端に配置されていて見事なインパクトを放っている。このベースライン、すげぇ格好良い。これぞファンク、ってな感じでね。んで、どの曲もどの曲もバンドアンサンブルがすごいんだけど、やっぱりキング・カーティスのサックスの凄さも絶品。こんだけ息続けて吹けるんか?ってくらいにエモーショナルに吹き続け、もちろんスピーディなのからメロウなのまで、ただ、他ではあまり聴くことのないようなプレイなのは確か。自分の聞く範囲が狭いから分からんが、命削って吹いてるって気がするもん。

 この暑い夏にこんなハードなジャズ?ファンク?なんかを聴けて嬉しいですね。ギターのコーネル・ヂュプリーの思いっ切りファンキーなカッティングから乾き切ったギターの音色もメリハリ効いてて印象深いし、とにかくどこからどう斬っても素晴らしき名盤。暑苦しいジャケットそのままの濃い〜サウンドが楽しめます。








関連記事

Comment

[11105]

私はこのあたりのメンツから
ダニー・ハサウェイなど聴きだして、
ニュー・ソウルが好きになりました。

[11111] >おっさん

今そのヘン、アレコレ探して聴いてます。凄いディープだなぁと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/4711-8f291808

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

Live at the Royal Albert Hall 1977 King Biscuit Flower Hour



Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]


Click!!


Powered By FC2