Chick Corea - Return To Forever

Chick Corea - Return To Forever (1972)
リターン・トゥ・フォーエヴァー

 爽やかフュージョンを聴いて夏の暑さから少しでも開放されようという意図だったにも関わらず、やはり、と言うか自分の趣味嗜好の性と言うか、どんどんと演奏そのものが重し奥なってきてしまって、しかもこれまでほとんど聴いたことないジャンルとバンドも数多くあるし、最初は80年代のを…と思ってたんだけど、やっぱり70年代に引き摺り込まれていって、もっともっとテンションの高い演奏力をぶつけ合う的な世界へと行ってしまった。そのヘンになるとフュージョンって言葉もあるかないか、ジャズの発展形とロックからの影響、そこに民族風味もあったりファンク、ソウルの世界からの影響なんかも見事にクロスオーバーな世界観があって、テクニックのあるロック的思想、みたいな部分あるから白熱してるんだよ。そんな時にシーンに切り込んできたのがこのアルバム。

 ご存知Chick Coreaの「Return To Forever」、1972年リリース作品でこのアルバムジャケットの快活さは一度見たら記憶に残る写真で、俗に言うかもめジャケットってやつだが、実際かもめってよりもカツオドリとかそっちのもっと海鳥系な感じだよなぁと。日本で見られるかもめってこんなのほとんど無いし、海の上でしか見られないような黒いかもめ系だしね。ま、そのヘンは良いんだが、美しい海が写る情景、そんなイメージからアルバムに針を落とすとこれがまたとんでもなく白熱したインタープレイの応酬が繰り広げられていて、自分的には正にフリージャズの音色、としているエレクトリックオルガンが存分に活躍している。やはりECM的な音、正に代表的な音、ジャズから発展したフリージャズをもうちょっと形にしてギリギリのアンサンブルを保っているという緊迫感溢れる世界観。それでもこのジャケットのような爽快さはあるワケで、フリージャズのドロドロなイメージからはかけ離れている。そこが面白い。まだジャズから流れてきたリスナーが普通に聴ける範囲のトコロでやってて、何か違うけど心地良いな、という線であっちの世界を見せようとしているのかな、そこから先はかなり危険な世界なんだが…、と。

 決して明るく快活じゃないのに名盤扱いされてて、実際名盤だが、アメリカ人のジャズでこういう作風が出てきたってのも音楽の探求のきっかけなのだろう、やはりマイルス門下生達の才能の豊富さは素晴らしい。テクニックだけでなく音楽的なセンスとひらめきをきちんと持っているし、それを開花させてきたマイルスの扱い方もなかなか真似できないだろう。マイルスがジユにやらせてくれたからこういう世界への到達が見えたというのもあるだろうし、時代に敏感なセンスもあっただろう。歌が入ってるボサノバ曲が心をなごませてくれたりするし、緊迫感のある演奏がセンスを磨いてくれたりもする。決して皆が皆素晴らしいというアルバムじゃないだろうけど、聴いてみたら美しい、って言う作品。




関連記事

Comment

[11091] Herbie Hancockも・・・

Chick Corea ですか・・・・・、1970年代こっちの方に首を突っ込んだのは、私はHerbie Hancockの方でした。彼のアルバム「Secrets」には感動モノ。中でもB面の"Spider"という曲は、まさに格好良かった。これはロック越えだと思いましたね。・・・と言う私のどうでもよい歴史でした。

[11093] > Photofloydさん

Herbie Hancockもね、ちょっと触ってみようかなぁと。
やっぱり通ってるんですね、そのヘンも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/4693-ec476b22

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

Live at the Royal Albert Hall 1977 King Biscuit Flower Hour



Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]


Click!!


Powered By FC2