Shakatak - Night Birds

Shakatak - Night Birds (1982)
ナイト・バーズ+1(紙ジャケット仕様)

 熱帯化した日本としか思えない異常気象続きの日々、正直、何かを一生懸命聴いているなんてことすら出来ないレベルにあると思うんだが、どうだろう?そこで暑苦しいロックに手を出すのもなかなか出来ず、適当に逃げて聴いていたんだけどそんな日々が続けば続くほどダメージが積み重なってもっと逃げたくなってきた…。レゲエでもダブでも暑いのは変わらず、ただダラダラユラユラしてて良いか〜って気分になるだけだったんで、もうちょっと人間的な方が良いかも、ってことで、単純に飽きたからガラリと路線を変えて聴いてみるかと、多分初挑戦の世界観かも。

 っても名前だけは知っていたShakatakの1982年作品「Night Birds」。なんで名前知ってたんだろ?ドラマ化何かの主題歌やってたとかこの頃突如としてロンドンから出てきて一躍売れたバンドってんだから不思議。日本は何かで有名になったんだろうなぁ…、じゃなきゃ絶対に聞かない路線のバンド、アルバムだし、きっと一般受けしていたんだと思う。んでさ、こういうのってきっと爽やかな気分になるんだろうな、って思って聴いてみたんだよ。Spotify便利だわ…、こういうのでも簡単にあるんだもんな。CD売れないハズだし、単発のDL販売も無理なハズだ。一体音楽家を何だと思ってるんだ?そういえばこないだマストドンがミュージシャンはもう食えない、って露骨に吐露していたな。読みながらそりゃそうだろうよ、って哀しく思ったもん。昔の人は昔の遺産で食えるから良いけどこれからの人はもうねぇ…。

 それでこのシャカタク、なんとまぁ…、こんなに爽やかでテクニカルで耳に全く残らないけどとても素敵なBGMを作れるバンドがあったのか、と。どこから来てどうやってこういうのが出来るんだろ?英国だから?かっちりとしたBGMを聞かせてくれるんで、ギターとかサックスとかそういう楽器臭さを全然感じないというのか、歌が入ってても歌があるという認識になる前にBGM。やってる側は相当のプロじゃなきゃ無理だけど、コンテンポラリージャズからの派生なんだろうか?ベースとか凄いもんね。オルガンの音なのかなぁ、フワフワしてるのが特徴的で、それでもよく聴いているとかなり白熱した演奏ってのもあるからBGMを狙ってたワケじゃないだろう。それでもこんだけどこのドラマでも使えそうな、CMなんてこのアルバム一枚あれば大体バック作れちゃうだろ、ってくらいの良質な作品、だと思う。いや〜、爽やかだ。

関連記事

Comment

[11083] 忘れじの音

自分にとっては、ある意味HM/HR以上に、学生時代を思い出す懐かしい存在ですね。

元Fusion Orchestra、なんて現在だから言えるわけでして...
はい、リリース当時は何も考えず、カーステにぶち込んで毎日流していました。
これ以前はHM/HR以外の音楽も普通に聴いていた自分ですが、Iron Maiden登場以来はHM一直線。
そんな偏頗なHM狂でさえも、有無を言わさず気持ちよく聞ける音でした。

だからこそあれほど一世を風靡したのでしょうね。


[11084]

なんかラジオでやたらとかかってたイメージですね〜 
子供の頃は前面のメロディにばかり気が行ってましたが、改めて聴くとなかなかファンクですねぇ
懐かしい 

[11085]

この驚異的なエッジのなさはアッパレですよね。

バーでもスーパーでも万能。

Spotifyは恐ろしいですね。
私はすっかりCD買わなくなってきました。
物のない寂しさは否めませんが(^^;)

[11088] シャカタク人気

>kazz_asaiさん
まだ浅井さんが一般人だった頃ですね(笑)。やっぱり影響力大きかった作品なんでしょうねぇ。
記事書いた後も改めて聴いていて、こんだけ害無いの作れるって凄いや、って。
Fusion Orchestraったってここまで?Asiaの変貌ぶり以上ですもんね。

>おーぐろさん
あ、ラジオ、そうだと思います。ファンクってこういうトコロで使われるとは思わなかったんですが、そうなんです。

>ボンサオさん
そう、エッジのなさ、それ。
Spotifyの恐ろしさはホント痛感。ニッチなのまでは網羅してないですが、一般モノは凄い充実度ですしね。
CD売れないハズです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/4688-0b673045

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

Live at the Royal Albert Hall 1977 King Biscuit Flower Hour



Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]


Click!!


Powered By FC2