My Dying Bride - Angel & The Dark River

0 Comments
My Dying Bride - Angel & The Dark River (1995)
Angel & The Dark River (Dig)

 何処に住んでても、と言うか自分があちこちに住んでる中ではどこへ行っても割と上空を戦闘機が通過したりする地域が多い。普通はそういうの無いのかな。一般的な航空機が飛ぶってのはあるのかもしれないが、どうもそういうのが上空を飛ぶ音を聞くことが多くて、基地の近くと言うか、基地って割とあちこちにあるからどこでも結局巻き込まれるんじゃないか、なんて思う。うるさいって思うほど回数多く飛ばないからそこまで気にならないけど、窓開けてる時とか夜中とかいきなりだから気になる時もあるか。難しいよねぇ、平和なら不要なんだろうけど平和って言葉は平和にさせてるから平和なだけであって、実際は平和じゃないからこそこういう事態にもなっているワケで…。

 My Dying Brideの1995年3枚目のアルバム「Angel & The Dark River」。前作からゴシックメタル的な教祖とも崇められていた中での3枚目の本作、冒頭から恐ろしいまでの暴虐さの中で鳴り響きピアノの美しさが際立った傑作、いきなりの12分超えの大作でリスナーをどん底に落とし込んだ曲とも言える。この暗さは本人たちの性格によるものだろうか、それとも売るための作風だけ?それでも仕事でこういうのってだけってのは難しいだろうからやっぱり嗜好性があるんだろうな。バンド名からしてそういう嗜好性だったワケだし、ある意味狙っていた方向に向かっているのだろう。バイオリンによる美しさで絶望の淵から救い上げてるという手法も使っているし、人が心を救われるという楽器の音色をよく研究しているのだろうか、うまい具合に使い分けでくるから聞くべきところを見いだせるってもんだ。

 しかし暗い…、けど、面白いと言うか引き込まれる魅力を放っているトコが怖い。体に馴染みやすいってのかな、生理的にイヤな音とかリズムじゃないんだよね。音を伸ばすのだって心地良いところまで伸ばしてから次のフレーズに入ったりしてて自然な感じ。狙って出来るもんじゃないから多分感性だろうけど、それが自然なんだろう。これだけでバンドが成り上がっていったんだから凄いよなぁ…、この頃こういう音世界ってのは他に無かっただろうし、取扱いに困ったバンドだっただろうと思うけど、リスナー的にはとっついただろう。見事な暗さ。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply