黒百合姉妹 - 最後は天使と聴く沈む世界の翅の記憶

黒百合姉妹 - 最後は天使と聴く沈む世界の翅の記憶 (1990)
最後は天使と聴く沈む世界の翅の記憶

 梅雨明けが早かったと言えども雨風台風による天災が立て続けに日本を襲うという日々、昔々だったら台風とか来る、っていう予想なんて出来なかったんだろう。だから突然雲行きが怪しくなって、どれだけの猛威を振るうのか分からないという状況で待ち受けて家に籠もっていたりしたのだろうけど、それは恐怖だったろうなと想像できる。そんな境遇でも様々な建築物が建造され、今でも残っているものがあるってのはどんだけの想定で造られていったのだろうか、とその想像力や取り組むの姿勢には感嘆する。現代まで災害の規模の大きさは色々あれども過去の歴史からしてもそれほど変わらないレベルってのはあるのだろうか、今回の大雨による被害状況を見ているとよく出来ているもんだ、と思うところもあってそんなことを考えてしまった次第。

 ホリー・ワーバトンという合成写真アーティストによるアルバムジャケットはいくつかのバンドなどで見ることが出来るか、先日のアルバムジャケットを見ていてその共通性に懐かしさを覚えたので、ならば、ってことでまずは黒百合姉妹の1990年リリースのデビュー作品「最後は天使と聴く沈む世界の翅の記憶」から。この時点でホリー・ワーバトンの作品を使うというのはかなりアーティスト的に早い時期だったんじゃないだろうか。しかも売れるかどうかわからない日本のバンドのデビューアルバムに採用されるというのもこれまた結構なギャンブルだろう。もっともホリー・ワーバトンの方もこの時点ではまだそこまでの巨匠でもなかったのだろうけど。言われてみるとよく見かけるジャケットの作風ってことにも気づくのかもしれないけど、中身の音も結構なクォリティで作られていて、自分も当時は知らなかったし、もっと漁ってて出会ってれば面白かったんだろうなぁとも思うけど、その頃こういう音を聴いたかって言われるとそうでもなかっただろうから、今の時点で出会えて良かったのかもしれない。

 JuriとLisaなる女性二人が中心のユニットで、今でも活動しているんでいずれ見に行きたいとは思っているのだが、今から28年も前の作品ですね。超ピュアで透き通った水の中を覗き込んでいるような感触で聴ける音楽、ロックじゃないです、多分。自分的にはやっぱりメロウキャンドルの拡張版な世界観。ベースが活躍しているところはもうちょっと骨格がしっかりと支えられているのはあるけど、日本語の歌詞で世界を出してて、これなら多分世界にこのまま出ていってても受け入れられたんだろうなとは思う。ただ、時代が早すぎた。決してポップではないけど、キャッチーさを持たせてみてもこの世界観に影響はないだろう。一気に聴けてしまうくらいに唖然とした夢のような時間を味わえる。単に自分の好みかもしれないけどさ、フワフワと浮遊したままアルバムが終わってしまうんだよ。アルバムジャケットの幻想感と音楽が実にマッチしててどこか異世界にいる自分を味わえる作品。素晴らしい。






関連記事

Comment

[11073]

黒百合姉妹、新宿ヘッドパワーのレディースバンドのイベントみたいので一緒になったような・・・ 
(当時女の子ばっかのバンドでギター弾いてた)
なんかアートっぽいコトやってた感じでみんなポカーン状態だった(笑 
それが87〜8年だったかなぁ 

[11074] >おーぐろさん

懐かしい、ヘッドパワー!
こんなのやられても分からない時代ですわな・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/4674-4048b689

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2018年 11月 【1件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

Live at the Royal Albert Hall 1977 King Biscuit Flower Hour



Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]


Click!!


Powered By FC2