Flamin' Groovies - Teenage Head

0 Comments
Flamin' Groovies - Teenage Head (1971)
Teenage Head

 バンド名は知ってるけど真面目に聴いたことないよなぁ、とか聴いたことあるけどアルバム一枚程度だったかなみたいなのも結構ある。特に自分的にはアメリカモノはそういうのが多い。何かとロック本なんかで名前は見るけど聴いたことあるかってぇと、そんなに無いとかね。さほど魅力を感じないからそうなるんだろうけど、多分偏見(笑)。実際そんなに面白みを感じない事が多いからそうなるんだが、それでも聴いておきたいかなってのはある。そんなバンドの中のひとつにこのThe Flamin' Grooviesなんてのがある。うろ覚えの知識で初期とその後なんかじゃガラリとバンドが変わった、みたいなのは知ってたけどそこまで聴き比べてなかったんで聴いてみたところ。

 Flamin' Grooviesの1971年リリースの三枚目のアルバム「Teenage Head」。この頃まではガレージロックに影響をウケたR&Rを展開していてソリッドなスタイルが売りだったんだけど、この跡からちょいとキャッチーな路線に進んでいったみたい。やっぱりガレージ時代の方が面白かろうってことなんだが、これがまたやっぱり名が知られているだけあってカッコよい。アルバム通してって話になるとそうでもないんだけど、いくつかカッコよさがにじみ出てくる曲やリフがあってニタリと笑ってしまう。リトルストーンズ的な言い方されることも多いんだが、言い得て妙な部分はあるか。単純にR&Rスタイルだけでもなくアコースティックも交えたロックスタイルなんてのはまさにストーンズ的、主しおいのはブルース色がまるで無いことか。ガレージロックってそういうもんだけど、ブルース色なくしてストーンズ的とは何ぞやって話だな。スタイルとして似ているってことか。まぁ、言うほど似ているワケでもないからやっぱりガレージロック。

 生々しいバンドらしい音なんだな。作られた音ってのが全くなくてせーの、って録音したかのようなアルバムのサウンドが魅力的。ギターのチープな音なんかもナマナマしくて頼もしいしフレイミン・グルーヴィーズの初期傑作と言われるのは分かる。もうちょっとスリリングさとかあると聴き応えあったのかもなぁとは思うけど、痺れるカッコよさは持っているし、この時代のアメリカ、しかもサンフランシスコにこんな音出してるバンドがあって、他では見当たらなかったんだからさ。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply