Johnny Thunders - Hollywood Babylon

2 Comments
Johnny Thunders - Hollywood Babylon
ハリウッド・バビロン(HOLLYWOOD BABYLON)

 さすがに古いロックはさんざん聴いてきたからすかkり自分に馴染んでいるってのともういいかな、ってくらいには飽きてきている感もあるのは事実。それなりのは頭の中で再生できちゃうワケだし、聴けばアレか、みたいにはなるしね。かと言っても一方では記憶力が衰えてきてるのもあって、誰の何て曲だっけ、ってのが即座に出てこないことも多い(笑)。古いロックのカッコよさを追求するのもあるし新しいのに刺激を受けていくのもあるし、新たな世界を探求するのもあるし、適当に気ままに聴いているんで一貫性は無くなってきてるんだが…。

 ドールズを思い出したことでフラっと覗いているとJohnny Thundersのライブ盤「Hollywood Babylon」が目に着いた。この人のライブとか未発表音源とかって山のように出ていてジャケットも変わって出てたりブートレッグそのままもオフィシャルらしき顔してリリースされてたり、いや、それはオフィシャルのライブ盤だとかホントに色々とリリースされすぎててよく分からない状況。カセットで客席録音したのとかオフィシャルで…って言われても困るよな。せめてオフィシャルなら卓録モノ出してくれとか思うが、それもカセット録音だからさ、みたいなのもあって作品って何だ?ってな疑問すら抱く。ただ、熱狂的なファンとかライブを聴いてみたいリスナーからすればこれほどありがたい状況もないだろう。何年頃のライブが聴きたいとかあれば大抵出ているから手に入るだろうし、聴けるしジョニー・サンダースって人のロック魂を感じられるんだからね。

 そんなことでこの「Hollywood Babylon」は1987年のハリウッドのライブで、ニューヨーク・ドールズ時代の盟友アーサー・ケインとジェリー・ノーランが参加したスペシャルなライブを記録したタイトル。更に選曲もベスト盤的且つロックのルーツのカバー曲多しという代物で、ジョニー・サンダースのライブにしては割と丁寧と言うかきちんとしたライブをやっているので助かる。偏見かもしれんけど大抵のライブがヘロヘロで聞き辛いのが多くてさ、それに比べてこのタイトルは普通にロックしている、本来のジョニー・サンダースのライブの姿が聴けるんで正にR&Rなサウンドが楽しめて良い。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
おーぐろ  

何年か前に& The Heartbreakers 時代のPipelineの動画を見て酷すぎて笑ったんですが、あんまり変わってない(笑 
しかし、まぁ、なんと言うか、ジョニー・サンダースがそこに居て音を出してるだけで全て許される的ななにか 
そんな存在感のある人でしたねぇ 

2018/06/17 (Sun) 22:06 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
>おーぐろさん

そこまでのカリスマ性って凄いと思います。
んで、自分もそれで面白い、って思ってるんだからそういうモンなんでしょう。

2018/07/08 (Sun) 10:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply