David Bowie - Serious Moonlight

0 Comments
David Bowie - Serious Moonlight (1983)
シリアス・ムーンライト [DVD]

 David Bowieの名前を80年代に知った人も物凄く多いと思うし、それでボウイのファン層は確実に広がった。まさかこの人が70年代から、もしくは60年代からのヒーローだったなんて80年代から入った人は想像もしなかっただろう。そんなジジイなのか?って話だが、テレビに出てきて同時期のヒットチャートを賑わせていた人で、同じようなサウンドというかキラキラポップをやってるんだからそんなに差があるなんて思わなかっただろうし、ちょっと老けてるけどカッコよいからいいんじゃね、程度のものだったろう。そう思わせてしまったのも凄いし、そこまでシーンにしっかりとハマったってのもボウイならではだろうか。パッと見てロックな人に思えないからそういう売り方も出来たんだろうけど、無茶苦茶ロックな人だったからなぁ…。

 David Bowieのポップスターとしての全盛期でもある1983年の大ヒットアルバム「レッツ・ダンス」を引っ提げてのツアーのひとつを記録したオフィシャルのライブビデオ「Serious Moonlight」、当時から発売していて今でもDVDでリリースされているから見るもの容易だし、見てもらうとこの頃のボウイの裏切り具合…じゃなくてポップスターとしての地位確立ってのがよく分かるライブ。こんなに器用に踊れる人だったんかい、ってのとかここまで金色に髪の色抜いてイメチェンしてスーツに身を包んでのスター然としたファッションで、明らかにロックからポップスに魂売った的なトコ、よく分かるから。しかも昔の曲もやってるんだけどここまでポップ的に音を変えれるのか、ってくらいにバンドアンサンブルから何から全部変えてしまっての超ポップス的アレンジにホーン・セクション、いやはやこんだけやったら売れるだろうよ、ってな具合。今となってはそれもひとつの楽しみなんだが、当時リアルタイムでこれを見ている時は思い切り80sポップスの一員でしかなかった。他と何の差もなくチャートにいたポップスター。

 当時からやっぱり好きな部類のアーティストだった。70年代のボウイは後追いで知ったから80年代になってここで知ったのが最初だし、ポップスターだったけどどっかやっぱりロック的に聞こえてたのかもしれない。それは昔の楽曲だったのかもしれないけどさ。今はもう全部知ってるからこの時代もアリだけど、いや〜、Duran Duranと大して変わらない扱いだったもんなぁ。んで名前知ってからは坂本龍一さんと仲良いとか「戦場のメリークリスマス」に出てくるとか何かと話題豊富でへぇ〜、なんて言ってる内にボウイの過去を色々と知るんだよね。面白かったなぁ。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply