Dead or Alive - Sophisticated Boom Boom

0 Comments
Dead or Alive - Sophisticated Boom Boom (1984)
Sophisticated Boom Boom

 手当たり次第80年代を聴いているんだが、やっぱり当時割と聴いてたのを聞き直すって方が多いか。改めてあの頃のバンドとかを今更きちんと聴くって気にもならないし、そこから大物になってるのはもう聴いてるだろうからね。消えてっているバンドをニッチに取り上げるって手もあるが、そこまで面白い事があるような気がしないんで取り敢えずこのヘンかな。80年代…ってか今でもそうだろうけど、ビジュアル的なインパクトも重要になってた時期で拍車をかけたのがMTVの台等によるPVの存在。それでミュージシャンのスタンスとか印象ってのをテレビで見て決められたってのがある。良くも悪くも、だけど。どういうアーティストなのかってのは一目瞭然だったからさ、それでキライになったのも多いけど、心惹かれたのも多かったな。

 Dead or Aliveの1984年のファーストアルバム「Sophisticated Boom Boom」。これって1984年だったのか…ってのも改めて知ったんだけど、当然売れまくったのは次の「ユースクエイク」で、当時の流行ぶりって言ったらとにかく誰でも知ってただろってくらいの代物だった。その前のファーストアルバムでこの訳の分からないジャケットでまだこの人がどんな人かも知られてなかった頃の実に男らしいサウンドとジャケットに見られる姿…、このくらいなら別に英国ならよくあるお話だったんだがな…。いやいや、それはともかく、とにかくDead or Aliveのサウンドそのままがファーストアルバムから全開で、まだキャッチーな路線が入っていない程度で骨幹を為していたパンクエッセンスの強いデジタルビートと挑発的なベース音や野獣の咆哮とも言える図太い歌声はこの時期にすでに出来上がっている。アンダーグラウンドではこういうのあったんだろうけどメジャーにこれを持っていったのはこの人達なんだろうな。そういう意味でも革新的なバンド、ユニットだったと言えるハズだ。

 自分がDead or Aliveを当時から興味深く思っていたのは多分その根底にあるパンクエッセンスや攻撃性や挑発性だな。単調なポップスやディスコサンド、ユーロビートなんてのとはちょいと異なる攻撃性があったから新鮮だったんだろう。だから今聞いててもすんなりと入ってくる。邪魔なデジタルサウンドは入ってるけど、本質的な攻撃性が良くてね。その意味ではプロディジーなんかと同じ扱いになってるかも。全部徹底的に聴くぞって気にはならないけど、聴いてても実験的なことも数多く入っているし、確かに新しいサウンドを作り上げているバンド、アルバムだろう。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply