Culture Club - Waking Up With the House on Fire

0 Comments
Culture Club - Waking Up With the House on Fire (1984)
ウェイキング・アップ・ウィズ・ザ・ハウス・オン・ファイア(紙ジャケット仕様)

 今更ながら80年代のバンドを自分なりに立て続けに聴いて再評価しているんだけど、当然ながら自分の聴いていた感覚の方がおかしくて、というかガキの頃の印象が強すぎて正当に判断、評価していないという方が相応しくてね、冷静に普通に音楽作品として聴いてどうなんだろっていう当たり前の聴き方してないからさ。それをね、今更ながらやってるんです。いや、ロック系の方もあれこれあるんだけど、流れ的に、ってのと自分的に聴いてて面白いからってのが大きいね。あんがどれもこれも冷静に良く作られてるし、様々な実験してたりもするしそういう聴き方しているとこれまた楽しめてね、元々知ってるのも多いからさ。

 Culture Clubの1984年リリースの3枚目のアルバム「Waking Up With the House on Fire」。当時はジャケットのインパクトによるルックスの変化の方が話題になって、更に音的にはヒットシングルも少なくて地味なアルバムという印象で実際そこまで売れなかったしMTVでの露出も減っていったようだ。この後くらいからどうも衰退期に入っていってしまったのかな、自分自身もそうだったけど休息に80sが終わりを迎えていったもんな。カルチャー・クラブも80年代キラキラポップを代表するバンドのひとつだなぁ…。このアルバムに来る前の話題の豊富さやインパクト、売れ方が凄かったからここで地味に映ってしまっているアルバムなんだが、中身はかなり大人に進化しているって言えるだろうね。意外なことにここいらのバンドの中で一番音楽的にしっかりしてて聴きやすいバンドなんだよな。歌も上手くて魅力的だし、バンドの音もモータウンベースだから甘ったるいボーイ・ジョージの声もしっかりと似合ってるし。ユニークなのはドラマーがパンク野郎ってトコで、このジョン・モスというドラマーの来歴が面白い。

 カルチャー・クラブの前にダムドやアダム&ジ・アンツなんかで助っ人ドラマーとして叩いてたみたいで、その周辺にいたらしいんだよな。何故かカルチャー・クラブに参加しているんだからどういうきっかけだったのか…、恋人だったのか?とか思うけど、邪推はやめよう。そのおかげでか、単に甘ったるいサウンドに留まらないビートが出てくるのはきっとこのドラマーのおかげだろう。そしてこの「Waking Up With the House on Fire」というアルバム、意外や意外、相当の名盤だった。前2作は80年代を代表するキラキラポップアルバムだったが、ここに来てバンドの真髄が発揮された作品を作っているとも言えるか。多くのリスナーがそういう風に聴かなかったから今でもあまり評価されていないアルバムだろうけど、案外良いわ。








関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply