Battle Beast - Steel

0 Comments
Battle Beast - Steel (2012)
Steel

 Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンって便利なんだろうなぁ…なんて思ってて、ふと勢いで買ってしまった。使用感としてはもちろんケーブルに煩わされることが無いのでケーブル触ったノイズもないし、その意味では実に利便性は良い。反面ワイヤレスだから耳から落ちるとそりゃもちろんそのまま落とすワケで、ケーブルあればどっかに引っかかるだけだけど、イヤホンがそのまま無くなるっつうのはちょいと慣れないと怖い。落とす可能性は結構高いし。それと音楽聴く分には大して問題ないけど、反応が遅れてくる。これはイヤホン側の問題かもしれない。それ以外では充電時間もそれなりだし、コンパクトだし概ね気に入っている。手軽さだけを求めればこれで良いかと。じっくり聞く時はそんな貧弱なので聴く必要もないから一方ではゴージャスなヘッドフォンも気になるなぁ…って日々。

 Battle Beastの2012年リリースデビューアルバム「Steel」。ボーカルが今のノーラではなくニッテという女性。初代ボーカリストのニッテがそもそもぶっ飛んだ歌声でのボーカルだったが故に後任のノーラがああいうスタイルになっているワケだ。今じゃもうあのスタイルがバトル・ビーストのスタイルで、定着している。近年のノーラはヘアスタイルも落ち着けてイメージを変える努力をしている感じではあるが…、何せこのファーストアルバムでのすべて、そう、楽曲もバンドのインパクトもコンセプトもスタイルも音圧もすべてが完成されている見事なアルバムなのだ。以降のアルバムでもこのアルバムを基準として作られているからどれもこれもハイレベルなアルバムが並ぶのだが、原点はここにある。80年代風味なヘヴィメタルを基礎としつつもキャッチーなメロディと現代的なテクニックの駆使、新たなボーカルスタイルの導入、そして何よりも男勝りのヘヴィメタル愛に溢れる魂。それがすべて組み合わさったアルバムで、正に奇跡的な作品。

 どの曲を聴いてても気持ち良くメロディを味わえるのとパワフルな熱唱を聴ける、更にギターにしても快活なプレイとザクザクしたリフも味わえるし、ここ、ってところは外すことなく期待通りの音が出てくる。普通に聴いてると多分勝手に頭振ってる。ツボにハマるんだよなぁ、ホント。しかも男よりも男らしい女性ボーカルってのがこれまた良いわ。アクセプト的と言われるけど、確かにああいう感じで攻め立ててくる。バトル・ビーストの中じゃこのアルバムが一番聴いているかもなぁ。ボチボチ新作の情報も出てこないかな。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply