Joe Bonamassa - Beacon Theatre Live From New York

0 Comments
Joe Bonamassa - Beacon Theatre Live From New York
Joe Bonamassa: Beacon Theatre Live From New York [Blu-ray] [Import]

 知らなかったなぁ…、ポール・ロジャーズが昨年の今ごろにFree Spirits Tourなんてのをやってて、タイトル通りに全曲フリーの楽曲だけでのライブツアーやっててね。残念ながら誰一人フリーのメンバーは参加していないんで、再結成的なものではないんだが、それでもポール・ロジャースが歌ってるワケだからホンモノなんだよ。しかも結構ニッチな曲までやってるみたいで、YouTubeでちょいと探して愉しめばすぐ出てくるし何やってるかもわかるから面白い。良い時代になったもんだ。そういえばFreeのメンバーで存命中ってポール・ロジャースとサイモン・カークくらいなもんだもんな。基本的にはポール・ロジャースのソロツアーのメニューがフリーってだけなんだろうけど、心そそられる企画。今夏にはCD/DVDもリリースされるらしいので楽しみにしていよう。

 そんな流れでしばしポール・ロジャースの歌声とフリーに痺れていたらJoe Bonamassaと「Wak in My Shadow」「Fire & Water」をやってる映像が出てきて、しかも結構な画質…何だろ?って思ったらJoe Bonamassaが2012年にニューヨークのビーコン・シアターでライブをやった時のスペシャルゲスト扱いでこの2曲をやったらしい、ってことで探してみると「Beacon Theatre Live From New York」ってのをリリースしていた。なるほど、そりゃスゲェってことでこの2曲に見入ってしまって、安定のポール・ロジャースの歌声は益々磨きがかかってるし、ボナマッサのプレイもかなりポール・コソフを研究していた人みたいで、がっちりとカバーしてて、しかもレスポールの音色だからもうね、結構雰囲気出ちゃうワケです。バックのメンバーがそこまでじゃないからノリとか雰囲気ってのは全然アレだけど、この二人だけ見てると良いよ〜ってな感じだ。

 もちろんJoe BonamassaのライブツアーのDVDなのでボナマッサの変幻自在なプレイはとことん楽しめる。楽曲的に見てもロリー・ギャラガーの「Cradle Rock」やGary Mooreの「Midnight Blues」なんてのもあって聴いてる側を楽しませるセットも作ってて面白い。普通にこれ見ててやっぱスゲェギタリストだなぁって思うもん。器用で上手い。んで好きなんだろうなぁ、ロック。特に英国ロックが好きなんだろうなってのも分かるし、アメリカの音楽もきちんとプレイできるし、マルチに楽しめるギタリスト。鬼のようにCDやらDVDやらをひたすらリリースしまくってくるんでどれがどうってのを言うほどには整理出来ていないんだけど、どれ聴いても楽しめるんじゃないだろうか。コンセプト変えたりして楽しませてくれるしね。んで、こいつはやっぱりポール・ロジャース最高でした。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply