T2 - It'll All Work Out In Boomland

 「T2」と言えば泣く子も黙るあのアーノルド・シュワルツェネッガーの大ヒット作ともなった「ターミネーター2」の略称というのがどう考えても世間一般の認識だ。が、丁度自分がこの辺を漁りまくっていた時の「T2」と言えば超まぼろしのレアアイテムとして名高かった英国のハードロックバンドの名前なのだ。だからシュワちゃんは遙か遅くに出てきた「T2」だったのだが…、もちろんどこにも通じない理論だったりします(笑)。



 1970年にまたしてもデッカからリリースされたいわゆるB級バンドと呼ばれる中では最も愛すべき一枚に数えられるアルバムがこのバンドの唯一の作品「幻想楽園」というタイトル。う~ん、実に久々に聴いたが…、やっぱり断言するが、滅茶苦茶格好良い。本人達がもう少しマジメにロックに取り組んでいたら、かな~りメジャーな部類まで行けたんじゃないかとは思わないけど、もの凄く英国1970年の香りをさせているバンドでいいんだよ、マジに。いわゆるトリオ編成なので別に凝ったことが出来るわけではないけどとにかくかっこいい。ドラムは元ガンのピーター・ダントン、そして才人ギタリストキース・クロスがこのバンドの要だね。感動してるのでマジメに書いちゃおう(笑)。

 1曲目「In Circle」、こいつのインパクトが圧倒的に強くて、ハードなギターのコード決めから始まって流れるようなリフが続けられる…、それでいてドラムがかなりロールしているのでいわゆるリズムだけのドラムじゃない楽しさ。ギターの音色もエグ~いサウンドで、やっぱレスポール系のサウンドだろうなぁ、疾走感溢れるロックナンバーなんだけど途中は当然静かな面も出てくるという気合いの8分半、もうやられっぱなしの素晴らしい名曲。これ聴くとB級バンドにハマるかもしれないな。2曲目「J.L.T」は打って変わってピアノとメロトロンのバックに力のない歌が被さってくるというとても切なさの漂う英国らしい名曲で、メロディラインももちろん良いんだけど雰囲気が堪らない。そして後半になるととんでもなく美しいリフレインが繰り返されて叙情的に盛り上がって来るという素晴らしく美しいバラード。この鍵盤の音は何なんだろう?綺麗だなぁ…、6分近い曲だけど静かに進み実に魅惑的な終わり方をする芸術的な曲。うん、美しい~。3曲目「No More White Horses」もまた8分半の曲なんだけど、今度はその叙情性を引きずったままヘヴィーロックに曲を委ねたのか、初っ端からハードに歪んだギターのサウンドからアグレッシヴなアドリブプレイが曲を引っ張り。そして重いノリのまままるで夜明けを迎えたかのようなベースラインによる美しい静と動が魅力的。このバンド、ベースラインが綺麗に歌っているのも良いよなぁ。ドラムとのコンビネーション抜群だもん。フロイド好きな人は気に入る名曲だろうと思うよ。歌でも盛り上げてくれるし、白々しいアレンジもあったりするけど…、わかった、多分この曲はカルメン・マキ&オズが好きな人はハマるやつだ。「私は風」とかそういう壮大な感じの曲構成と演奏と空気感だ。曲の長さを全く感じない構成だし、終盤のピアノかな、凄く繊細に短音のラインが鳴り響いてくるし…、この叙情性は一体何なんだろう?もう、ホントに英国でしかあり得ない素晴らしい盛り上がり方だ。最後の最後まで息を詰めて聴いてしまう名曲。ちなみにアナログではここまでの3曲がA面収録ね。

 で、B面は「Morning」という21分の曲一曲だけ(笑)。大体が20分も曲があれば何かが起こっているワケで、もちろん一本調子で進むはずがないのだ。そしてそれがこのバンドの場合であればなおさら…。ギターが中心にあるのでもちろんハードロック的な要素が強いんだけど、やっぱプログレ的な曲構成になるよな。でもさ、別に仰々しいというのでもなくってひとつのテーマに向かって進んでいるというような感じで静と動、陰と陽、ユーライア・ヒープの「July Morning」じゃないけど「Morning」というテーマに基づいたものだなぁと実感できるね。しかし良いドラマーとベースだ。もちろんギターもだけど、みんなテクニックがしっかりしているか聴きやすい。そうして起承転結を持ってこの長い長い曲が終わっていく…。素晴らしい。

 しかし、この素晴らしいアルバムが今世の中で普通に売っていないのか…、それは罪だぞ、と思う。アマゾンのバカみたいなプレミアで買う必要はないと思うが、紙ジャケとかも出たのかな?中古で見つければ良いと思うんだけど、ま、それでも定価以上はするだろうなぁ。アナログ時代にはもちろん10万円レベルのアルバムだったはず。うん、見たことないけど(笑)。CD時代に突入した時にリリースされて速攻で買って30回くらい聴いた。輸入盤でも何でもいいから絶対に聴いた方が良いB級作品…、いや、アルバム一枚しかリリースしなかった素晴らしきバンドの作品♪

関連記事

Comment

[2863] 今日もやってまいりました・・・

これは私もかなり好きです。
もともとGUNが超好きと来ていますんで
このバンドもしかりですが・・・えぐいギターがたまに疾走するとパトゥのオリーに似てくる・・・
伸びて伸びて背中まで伸びてまだ伸びる・・・笑
あとリフレインの効いてる曲・・・あれが素晴らしいよね。

実はGUNとT2の間にもう一つPETERさんがやってるバンドがあるね・・・ちょっと前にGETしました。またかっこいいんですよ・・・

[2869]

アマゾンの馬鹿ですか・・・怒っていますねっ。

DECCAってあなどれないレーベルですね、なんでビートルズの良さは分からなかったんでしょう。 あっ、そいつら首にしたから? 愛すべきB級、B級の美学を追求してたのかなぁ。

アナログ10万?・・・UK○ジ○ンの店ですか。あそこ、たけ~、想い出しかないです。

[2872] 凄いよく調べたね・・・

そのGUNとT2の間にPLEASEって言うのがあってそれなんですわ。。。で・・・一時期名前かえて・・・BULLDOG BREEDと名乗っていたみたいで・・・かっこいいよ・・・

まあ、GUNの好きな人間しか聴かんでしょうね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/460-473dedba

T2 『IT'S ALL WORK OUT IN BOOMLAND』

イットル・オール・ワーク・アウト・イン・ブームランドT.2 ユニバーサルインターナショナル 2000-12-27by G-Tools T2といえば、普通こっちなんだろうけど(ベタですみません・・・)ロック・ファンなら、あのかまち潤センセイがオリジナル盤を目の前で買い逃したことで有

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ+

2017年 08月 【24件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon