Stratus - Throwing Shapes

0 Comments
Stratus - Throwing Shapes (1984)
Throwing Shapes

 キャリアを漁って色々なバンドに辿り着く、ルーツを漁ってその人やバンドの来歴を知って背景から何でこういう音が出てくるようになったのかを探る、なんて考え方もあるけど、大抵はキーパーソンがいて、そこにメロディメイカーなんかがいることで身近なメンバーを集めて出来上がる。それで新たなスーパーバンドって言ってみたり話題性を集めてみたりするのもひとつの商売。新人バンドが無名から成り上がるに比べればもうちょっと勝算はあるってなもんだ。ましてや時代はバブルに突入、何でもやってみればカネになるんじゃないか、って風潮があったのかどうかは分からないが、ひとつにはどこの優れたミュージシャンでもこの時代にはキャッチーな路線の音をやって成功していたってことだ。誰でもが、ってほどでもないが…。

 Stratusってバンドが1984年にリリースした作品「Throwing Shapes」。Praying Mantisのトロイ兄弟がPraying Mantis解散後、そして再結成を目論む途中過程で元Iron Maidenのドラマー、クライブ・バーと元Grand Prixのボーカリストバーニー・ショウと組んだバンドがこのStratusになる。当然ながらメロディメイカーはトロイ兄弟なんだが、売れなかったことでバンドが解体してしまったことが響いていたのか、ここでは持ち前のメロディセンスを活かして何ともキャッチーで快活なアメリカンサウンドに近づいている。ましてや時代が時代だからキラキラした鍵盤なんかも出てきて、一体何聴いてるんだっけ?ってなくらいにはジャーニー化しているっつうか…、そんなHRなメンツでもこれかよ、ってくらいにはキャッチー。バーニー・ショウって何でも歌えるんだな、って思ったけど、ぴったりハマってる。いや、アルバム冒頭の数曲は結構キツいんだけど、だんだんとこなれてきてなるほどPraying Mantis的に落ち着いてくると面白くなる。

 やっぱりギターメロディや哀愁のメロディを書かせたら天下一品ですな。クライブ・バーのアイアン・メイデンなドラムとはまるでかけ離れた世界を叩いているのは何とも…ってな気がするが、悪くない、どころか結構な良作なんじゃないか、これ。好き嫌い分かれる曲も多いけど、しっかり出来てるハードロックも多いから随分と楽しめる作品。Praying Mantisを漁る人にはこういうアルバムが重要になるだろうよ。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply