Paradise Lost - Gothic

0 Comments
Paradise Lost - Gothic (1991)
Gothic (W/Dvd) (Spec)

 ロックの歴史の中で金字塔と言われるアルバムってそれほど多くはない。別に誰が決めたワケでもなく、多くの人が何かを語る時のそのアルバムから歴史が変わった事であるかのように思われる事が多いだけだ、多分。そういう逸話ってのはホント、どこから発祥していくもんなんだろ?大抵は初めて何々を取り入れた、とかこんな音は初めて出てきた、とか後になってサバスみたいに暗黒の帝王の元祖ってなったりさ、色々あるんだけど、その来歴は分からんなぁ…。

 Paradise Lostの1991年二枚目のアルバム「Gothic」こそは後のゴシックメタルと呼ばれるひとつのジャンルの根源と称されるアルバムで、そこからしたら金字塔なのだ。それにしても1991年でこの音かよ、そりゃスゲェわ…ってのは今でも理解できる。1991年ってまだ表舞台は華やかな気配が残ってた時代だもん。この後ロック史的には暗黒の時代に入っていくけどまだその前。80年代中後半あたりは英国だとニューウェイブも盛んになってきてて暗いのたくさん出てきていたから発想としてはありだろうとは思うが、こういう混ぜ方ってのは確かに誰も思い付かなかったんじゃないだろうか。思いついてもこういうスタイルでは出来なかっただろうし、それは元々の美学としてあったんだろう。デスメタルバンドだったってんだからこの頃だと普通にアンダーグラウンドの暗いメタルバンド程度だったハズ。どっちかっつうと日本のインディーズの方が進んでいただろうし、Doomあたりだとこういうのやってたし、それでも金字塔を打ち立てたのはParadise Lostの「Gothic」なんだよな。

 何がそんなにってさ、ミドルテンポ以下のリズムで重々しく低音重視のメタリックな音をやるってのはサバスではあったけど、そこに低音声で暗黒サウンドを目指して音を出すなんてのは無かったもんな。明らかにニューウェイブ系の影響。この後しばらくしてインダストリアルメタルなんかも出てきてもっと無機質になっていったけど、ここではまだ人間が血を流し続けるみたいな暗さがあって、だからこそ美学なんだよね、ゴシックって。それがこのアルバムでも体現されていてデス声になる直前あたりの声と女性ボーカルの対比も使われているし、ここから発展させていくとああなったってのも分かる。だから故このアルバムがゴシックの元祖だと。うん。そういううんちくを垂れずともこの「Gothic」というアルバム自体の魅力はかなり放たれている。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply