After Forever - Decipher

0 Comments
After Forever - Decipher (2001)
Decipher : The Album & The Sessions (Special Edition)

 メタルの世界ってものすごく裾野が広がっていて、自分なんかは知ってるのが極少数しかなく、それも何度も何度も聴けるってのは大して多くない…どころかバンドも限られているんだけど、チャレンジはいくつもしてて軽く聴いているというレベルなら割と数多いんだが、どうしてもアルバムまとめて一枚を全部聴くってなるとなかなかパワーが必要で、飽きないで聴ける事がそれほど多くない。どうしても途中で飽きてきて放棄しちゃうんだよね。じっくりそれだけを聴いているというのもほぼないし。ただ、ここのブログのお陰でそれも聴くようにはなったし、探すようにもなったが。

 After Foreverの2001年の2枚目のアルバム「Decipher」。今やNightwishのヴォーカルとなっているフロール・ヤンセン、この頃からしたら夢のような話だろうな。どう聴いてもNightwishのフォロワーバンド、ボーカルだったワケだしさ。明らかにオペラティックな歌唱方法でのボーカルスタイル、しかも相当のソプラノ領域で歌っているアルバムは当時絶賛されたらしい。オーケストラも含めてのゴシック的なスタイルによるアルバム、更に演奏陣営のパワフルなスタイルも十分にリスナーに刺激的なバンドとして受け入れられたようだ。曲の展開や複雑さも手伝って唯一無二のバンドの地位を確立していくきっかけとなったアルバム。

 メロディが弱いと言うか、幅が狭いと言うか、そのヘンはあるのだろうが、かと言ってそこを強調してしまうと同時代のNightwishやWithin Temptationなんかとの差が無くなっちゃうし難しいトコロだったんだろうか。この頃は皆ゴシックメタル郡として自分も結構追いかけてたんだけど、そういうブームも去ってバンドの音として聴いてみればどこもゴシック調でもないし、普通にパワフルなメタルバンドで、オペラな歌を武器とした作品というだけだ。あの頃のゴシックって何だったんだ?って思う。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply