The Rolling Stones - Emotional Rescue

0 Comments
The Rolling Stones - Emotional Rescue (1980)
Emotional Rescue Original recording reissued, Original recording remastered Edition by Rolling Stones (1994) Audio CD

 長々とロックを聴いていると時代に変化に即反応していくことで自信の音楽性との融合を試みていくってのも重要なやり方だってこともあるし、10年一日スタイルだからこそファンが離れないというのもあったりする。自ら新しい独創性を出していくという開拓者たちもいるけど、そこはかなりのチャレンジ精神が必要になる。そんな大きな方向性をにらみながらどういうアルバム作りをしていくか、みたいなことがそれこそ会議室で行われてアルバムの制作に入るなんてのがロックバンドの世界でも当たり前だ。自分たちが若い頃に思い描いていたロックってのは…、みたいな姿ではなくしっかりと売れるものを売るために、そしてバンドの価値を上げていけるように作っていくってのがバンドの使命だ。なんだよ、それ、ってな話だけど、それを上手くやれるのが世界のトップバンドなワケ。

 The Rolling Stonesの1980年リリースのアルバム「Emotional Rescue」。録音はもうちょいと前で、正に英国にレゲエやスカ、ダブなんかが思い切り入り込んできて一大ブームともなっていた頃だが、あのストーンズですらアルバムの方向性のひとつとしてこのジャマイカンな要素をベースに持ち込んだという奇作。ストーンズなら何をやっても許されるのか…、許されたんだな、これがまた。ストーンズの全アルバムの中で最も異彩を放っているアルバムなのは異論はないのだが、一方で「Emotional Rescue」を好むリスナーが多いことも知られている。何でだろ?って思って何度も聴いてたんだけど、ストーンズってバンドの本質が出ているからじゃなくて、ストーンズが流行を取り入れてやってみたら案外相性良くて面白いのが出来上がった、そんな異色の作品だから面白い、唯一ストーンズがブレた作品だから、とも言えるか。

 そんな背景論はともかく、作品の音だけに絞ってみると何がそんなにレゲエ、ダブ風味なんだ?ってなるが、やっぱりビル・ワイマンのベースラインの作り方が著しく異なるような感じだ。ここまではっきりとした感じで弾いていたことは無かった、もしくはこんだけ前に出したミックスってのも無かった感じだから目立っている、って事かもしれない。ほかは正直、そんなにストーンズとかけ離れた感はないし(当たり前だが)、じゃ、何がこの特異な音作りになるんだ?って話。チャーリーのドラミングもあるかな。ギター陣営はある意味いつも通り。ミックも同じく。う〜ん、それでいてこの音か。面白いバンドだ。デヴィッド・ボウイなんかは自分が異なるサウンドをやりたい場合はバンドをまるごと変えちゃうんでわかりやすいんだが、ストーンズの場合はそうもいかないんだからやっぱりメンバーのスタイルをちょいと変えていくしかないもんな。やっぱりストーンズは器用なメンバーの集まりなのかと違う側面で感心してしまったという…。なるほどストーンズファンから評価が高いアルバムのはずだ。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply