Strapps - Live At The Rainbow 1977

0 Comments
Strapps - Live At The Rainbow 1977
Live At The Rainbow 1977

 CDってかモノ全般が売れないんだろうな。CDなんてもう筆頭株なくらいには売れてないだろうし、雑誌だって激減だろうし、じゃ、何が売れてるんだろ?ってなると良くわからない。デジタルコンテンツが売れてるようにも思えないし、娯楽に使うカネ自体が減っているんだろうか。それとも自分の目線から見るとそう見えるだけなのかもしれない。ゲームとか分からないからさ。ん〜、何かね、どうやって生きてくのが良いかな〜ってのを考えると、かなりいろいろな選択肢はあるんだけど、ラクしたいから一番ラクできそうなのを考えるんですが、もちろんそんなの無くて、モノ売れないからモノ売りじゃないのになるけど、モノ売るのが一番ラクなんだもん(笑)。

 ミック・アンダーウッドが名も知れぬバンドメンバー募集の広告を見て参加したことで一気に本気でミュージシャンとしての道が開けたのがロス・スタッグってStrappsのメインフロントマン。そのStrappsの超全盛期の1977年のライブが2008年にリリースされていて、そうだったのか、と知らぬまま過ごしていたが折角なのでってことで聞く機会に恵まれた。「Live At The Rainbow 1977」ってタイトルでのリリース、映像もあるんだろうなぁ、ってことでYouTube見ると本人名義で一曲だけ上がってるから多分まるごと存在してるね。またどっかで出て来るのかもしれない。さてさて、このStrappsの1977年と言えばセカンドアルバムの「Secret Damage
」をリリースした頃のライブで、とすると、あのグラマラスで軟弱なのじゃなくて多分当然骨太なハードロックのライブなんだろう、ってことで期待するのは当然でしょ。

 冒頭からギンギンのハードロックでこんなに骨太で男らしいハードロックのライブが繰り広げられるのかってくらいにタフなライブが聴ける。元々楽曲のキャッチーさとか適度なポップさとハードロックの質感に疾走感はあったんだけど、ライブになってここまでドライブ掛かってくるってのは見事なライブバンドってことだ。どこか物足りなさ感はあるんだが、それでも熱気ムンムンのハードロックライブなんで、こういうのを当時にリリースしていたらバンドの評価も変わっただろうになぁ…と思う。ライブアルバムの名盤なんてのには入ってくるくらいの白熱ぶりだもん。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply