Alvin Lee - Pump Iron

0 Comments
Alvin Lee - Pump Iron (1975)
Pump Iron

 職人芸のミュージシャンは昔も今も多数いるし、それぞれの仕事は追いかけていくとホント、キリがないのだが、そんな関係性が面白くて色々と繋がっていくのも英国ロック。たまたまではあるけどアンディ・パイルって確か…ってちょこちょこと調べてたら実に色々なトコロで名前が出てきてて、そっか、それで何となく記憶にあったのか、なんて事が判ってね、やっぱり英国ロックの楽しみってのはこういうトコロにあるのか、なんてフムフムって思ってたトコロ。

 アンディ・パイルさん、セッション活動も盛んだったことからパートナーとして認定されることもあったようで、今度は我らがアルヴィン・リーに抜擢されていて、アルバムとしては1975年のAlvin Leeのソロアルバム「Pump Iron」に参加している。アルヴィン・リーもこの頃ってのはTYA解散してどうすっか?ってな時期だけど、やっぱりながら本人大得意のオールドタイプなR&Rスタイルをひたすらにやりまくるという作風に始終したアルバムに仕上がっている。そりゃさ、得意なんだからそれが一番なんだけどオリジナリティに欠けるってなモンでして、その辺の選択も時代と合わなくてなかなかシーンでももがき続けたという印象はあるが、ギタープレイを聴いているとそりゃいつも通りでTYAの頃の速弾き感ではないけど、さすがに弾いてるんで心地良いのは心地良い。

 ちなみにアンディ・パイルもかなりのランニングベース的に弾いていてそりゃ気があったんだろうなぁというのがよく分かる。TYA時代からそういうの好きなのは見えてたし、そこでこんだけ追随するベーシストだったら一緒にやろうってなるわな。ちなみにこのアルバムではイアン・ウォルラスやメル・コリンズ、ボズ・バレルなんて強者達も参加していて、実はアルヴィン・リーってキング・クリムゾン連中と仲良かったのか?とも思えたりするのだが、まぁ、クリムゾンからハジかれた連中ばかりとも言えるんで、そのヘンはR&Rやブルース好きな連中だったからこそって話だろう。

 ちょいとアルバムとしては曲調がワンパターンになりつつあって、飽きてくるのとギタープレイが凄いんだけどあのアルヴィン・リーを彷彿とさせるほどのプレイにも感じられないというちょいと残念な作品か。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply