The Doors - The Singles

0 Comments
The Doors - The Singles
THE SINGLES [2CD+BLU-RAY]

 60年代のロックが今でも蘇り、しかもハイレゾ音源やブルーレイディスクでのリリースなどとそこまでする元ネタの美しい音源や映像って残ってるのか?なんて余計な事を思ってしまうのだが、リリースされるアイテムを見聞きするとそれなりには綺麗になっているんだから技術の進歩は素晴らしい。しかしこういうのって今後どういう風に進むんだろうか?デジタル主流になってどこまで行っても細かく綺麗になって容量が大きくなっていくって方向なんだろうか?それ以外の可能性もあるんじゃないかなぁなんて気もするが、わからんな。

 The Doorsの「The Singles」という2CDとブルーレイの3枚モノ、やっぱりヒデェなぁ〜って思うこのジャケット、アメリカモンってのはホントにこだわらないっつうか消耗品扱いって言うのか、分かればそれで良い、目立てば良い、みたいなトコあるからこういうジャケットで出てきちゃうんだろうな。もっともジム・モリソン自体が既にアイコンになっているからこれでも分かるし、この方が分かるのだろうけど、それにしてもこれはねぇ…って思うが、そんなもんか。

 アメリカでリリースされたシングル順にただひたすら収録してあるシロモノで、音はアメリカオリジナルからのお話だからよろしいんだろうと思う。マスターから持ってきてればね。映像にしてもそれは同じくだろうし、やっぱりそのバンドの出身地というかそのマザーテープがある国でのリリースは一番音良いもん。日本やドイツってのは二次的マスターでも如何に音を良くするかってのやってたけど、それでもオリジナルでぽんっと出されるとそっちのが圧倒的に音良いってのがあるからね。

 ジャケットの酷さを除けばもちろん楽しめるドアーズの歴代ヒット曲の数々、アメリカじゃ普通にラジオで流れている曲ばかりだから日本の馴染みとはまるで異なるけど、そういう聞き方で楽しめれば良いんじゃないかな。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply