Night Ranger - 35 Years & A Night in Chicago

0 Comments
Night Ranger - 35 Years & A Night in Chicago
35 Years & A Night in Chicago [Blu-ray] [Import]

 この時期に台風ですか…、秋雨前線による天候不具合に加えてのトドメの一撃、スカッとした秋晴れの空の下でお散歩したいですねぇ…。お散歩ってお散歩じゃないけどさ、雨や曇り空ばかりの日々ってどうしてもどことなく陰鬱になっちゃうじゃない?キライじゃないけど長すぎる。ロンドンはそんな天候ばかりだからああいう湿った音が出来上がるってのあると思うが、日本もやっぱりあるだろうね。そこへ行くとアメリカってのは逆にああいう土地と天候だからそりゃ州ごとに違っても、アメリカらしいサウンドってのが出来上がる土壌もあるワケだ。

 Night Rangerって来日してたの?って友人からの問いかけに「いや、知らない」って話になって、ホントに来日してたっていう…。大体が来日情報発表してから実際ライブやるまでの期間が長いとすっかり忘れてるんだよね。その時にチケット取ってれば良いけど、そんなのがあったんでちょいとNight Ranger見たいな、ってことで35周年記念ツアーからのライブ映像「35 Years & A Night in Chicago」を見た。何とも素晴らしきアメリカンハードロック、AORに近いバンドだが、快活で心地良い、そして正にアメリカンなスタイルとそれ以外の何者でもないサウンド、メンバーの気性もきっとそんなアメリカンだろうなぁと思ってる。オリジナルメンバーはジャック・ブレイズにブラッド・ギルズ、ケリー・ケイギーの3人、ジェフ・ワトソンがいないのは残念だが、それでも全盛期を支えてたメンバーが一緒にやってるから迫力は昔のNight Rangerそのものと言って良い。

 途中活動が途切れていたバンドながらも復帰してきてからはコンスタントに活動していて、それこそ来日公演もそれなりに成功させているから息の長いバンドになるし、80年代の黄金組からしたら今でもそんなに劣化しないで活動しているバンドは無いから貴重な存在です。その辺はAORの強みか。そんな事を思いながら見てた。やっぱりメロディはしっかしているしボーカル専門員を置かないでも二人の秀逸なボーカリストを抱えていて、演奏力もしっかりしているという、確かにバンドとして見ると売れない要素は無いし、今でも活躍できるのも当たり前。懐かしい曲が並ぶこのライブ映像はそんなバンドの現在進行形を証明しているし、ノスタルジック感で売っているワケでもないというライブが見られる。それにしても知った曲が多いこと多いこと。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply