The Rolling Stones - Sticky Fingers Live at the Fonda Theatre 2015

0 Comments
The Rolling Stones - Sticky Fingers Live at the Fonda Theatre 2015
ザ・ローリング・ストーンズ『スティッキー・フィンガーズ~ライヴ・アット・ザ・フォンダ・シアター2015』【初回限定盤Blu-ray+CD(日本先行発売/日本語字幕付/日本語解説書封入)】

 往年のジジイ達の近年の作品はホントに侮れない。近年の作品っても最近のライブをそのままリリースなんてのだから今の姿そのままなんだよね。んで、そこにはレトロ感やノスタルジー感だけじゃやっぱり面白いモノにはならなくて、どこか現役感があって初めて楽しめるモノになっている、ことが多い気がする。それにしてもThe Rolling Stonesの現役さ加減は実驚くばかりの素晴らしさだ。ミック・ジャガーはあれでもう70歳中盤を過ぎているんだよな?70歳だぜ?それであの声とパフォーマンスなんて普通考えられないだろ?あのスタイルもそうだけどさ、とんでもない化け物だ…。

 ロック史上に残る名盤の一枚でもある「スティッキー・フィンガーズ」を2015年になって丸ごと再現してみましょう、って企画から始まった特別ライブ「Sticky Fingers Live at the Fonda Theatre 2015」で、いつもはデカい会場を満員にしてショウマンシップたっぷりの一大イベントばかりをツアーしているストーンズだが、ここぞと言う時のライブでは割と小さなハコで昔ながらのライブ感をやってくれることもある。今回の「スティッキー・フィンガーズ」再現ライブは正にその小さなハコでのライブ、フォンダシアターでのショウで、「スティッキー・フィンガーズ」そのままかと思いきや、初っ端から「Start Me Up」で始まるというずっこけた話なのだが、そこからはもう「スティッキー・フィンガーズ」に収録の曲が乱発される。乱発ってのはアルバムの曲順通りじゃないからさ、馴染みのある曲順じゃなくってそれはそれで楽しみ。んでも見てるとねぇ…、ミック・ジャガーの驚異的な体力と歌声もあるんだけど、キースのギターがカッコ良い。とにかく凄くカッコ良い。どんなギターを弾いても独特のトーンとフレーズと言うか、もうコードから離れてコードトーンを鳴らすワザにまで入っているから何弾いてるか分かんないもん(笑)。面白いのはロニーも同じようなブロークンな弾き方になってて、随分と贅肉の削がれたギタースタイルで成り立っているバンドになってるのだな。アルバムとの印象の違いはもちろんだけど、今のストーンズだからこその音、そして当時のライブよりも完成度が高くてカッコ良いという…。スライドギターもアコギも何も全部出てきて、やっぱり70年代を生きてきたバンドだからこそのプレイスタイル、世界最高のロックバンドってのはホントにそう思う。ここにはたどり着けないんじゃないかな…。

 ミック・ジャガーもギター弾いたりするし、アドリブで「You Gotta Move」のコーラスが突然繰り返さりたりするし、やたらと楽しめる。一番はストーンズの原点であるブルースってのをここまでたっぷりと味わっていられるライブってのもないし、セットリストもヒット曲からちょいと離れてマニアックな曲ばかりでのライブ、皆練習したんだろうと思うけど、だからこそ何とも完成度の高いライブに仕上がっている。古い過去のアルバムで出来るものなら幾つかはこうして再現ライブなんてのをやっってほしいものだ。ミック・テイラーだって呼べるだろうしね。そしてストーンズの現役感がたっぷり出ているライブで、さすがのストーンズ、スゲェかっこいい。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply