Ry Cooder - Ry Cooder

1 Comments
Ry Cooder - Ry Cooder (1970)
Ry Cooder

 そういえば昔ライ・クーダーって何かと名前聴いたしアルバムもそこそこ聴いたよな、と思い出した。何でライ・クーダーがそんなに名前売れてたのかよくわからなかったけど、ストーンズの「Let It Bleed」に参加していたなんてのが一番フックだったのかもしれない。後は「Boomer's Story」が実に素晴らしきアルバムだったこともあって他のアルバムもこれくらい素晴らしいに違いない、って思って割と見かけると買ってた人。まぁ、大抵はあんまり面白味がないいう印象しかなかったんだが…。

 1970年のライ・クーダー待望のファーストアルバム「Ry Cooder」リリース。これまでのセッションマン時代からソロ活動時代に入ったワケだが、当然ながら最初から既にプロのレベルにあって、音楽性にしても自分が常々やりたいと思っていたことをごっちゃ混ぜにしてプレイしている感じ。この時ライ・クーダー23歳、物凄い才能を感じるのは間違いなくって、テクニックも当然だけど、こういう音楽性の開花、新たなミクスチュアな感覚、そしてスライドギターの効果的な使い方、そして音楽という世界へのチャレンジ、ロックファンという感覚からするとさほど面白味があるワケでもないけど、ギター好きで音楽楽しいなって視点からすると実にバリエーションに富んだサウンドとアレンジ、どういうんだろうね、こういうのって。基本的にはザ・アメリカな音楽が入っているんだけど、ギターのフレーズなんかもカッコ良いし、サザンロックへの流用なんてのもできそうな感じ。

 アメリカの音楽に惹かれる人ってのはこういうのから入るのかもね。スライドギターもこういう音楽には実にマッチしているし、やっぱりカントリーフレーバーな中にあるのが生きるみたい。ストーンズの「Let It Bleed」もそういう雰囲気を持ち込みたかったからのアルバムだし、ライ・クーダー一人がそれを奏でているワケじゃないけど、絶大なインパクトだったことは容易に想像が付く。なるほど、このアルバムはそんなライ・クーダーの名刺代わりの一枚とも言える快作。聴き込んでいくとザ・アメリカな音の虜になるかもね。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 1

There are no comments yet.
BACH BACH  
たしかに

僕もライ・クーダーは有名な割にちょっとピンとこないアルバムが多い印象でした。「パリ・テキサス」のスライド・ギターを聴くまで、ライ・クーダーの良さに気づけませんでした(笑)。

2017/10/11 (Wed) 08:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply