Boz Scaggs - Boz Scaggs

0 Comments
Boz Scaggs - Boz Scaggs (1969)
ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン

 AOR畑の方々ってああいうのが好きでやってるもんだと思ってるけど、結構そうでもないのかな。売れなかったから売るためにやってった結果と自分の好きな方向性との妥協点があの辺になるってミュージシャンが多かったのかもしれないな。結構実力ある人達が、なかなか売れなくてAOR路線行ったら売れたっての多いんだもん。元々AOR路線を作っていった人は別としても、過去キャリアがあってからそこに向かった人はそんな所なんだろうなぁ…、ある種魂売ってるけど、商売上しょうがないだろう。

 Boz Scaggsの1969年のソロアルバム「Boz Scaggs」。昔からコイツは凄い、何が凄い、ってギターのデュアン・オールマンのプレイが凄い、って話だけを聴いてて、それがさ実はアルバムの終盤に入ってる「Loan Me A Dime」って曲が強烈でね、このアルバムって言えばそれしかかけないっていう感じだったからアルバム全般ってのがどういうのかよく把握してないという(笑)。いや、ホント、ここでのデュアン・オールマンのプレイはね、レイラのあのスライドの強烈さとは異なったプレイスタイルでの評判です。エグいく曲に絡んできて独特のトーンで、決して流れるようなブルースギターが、なんて形容することのできないアクの強い、引っ掛かりの大きいギタープレイが終盤に向けてのホーンセクションも交えての迫力に華を添えて舞い上がっていく、その中でも力強いギターの音が主張してて…、カッコ良い、ってのかな、迫力満点に盛り上がるっていう方が賢明か。凄いバンド感でロックしてます。フェイドアウトが残念だけど、こりゃ凄いって言わざるを得ないだろうね。

 さてさてアルバム全般を聴いていると結構バリエーションに富んだ作品が並んでいて、思い切りカントリーなのからAOR的なのやブルース、歌ものなどなどと歌の巧さを武器にアメリカ的なサウンドをやりまくっててなかなか飽きさせない。好みじゃないけど飽きさせないってのは見事で、そこかしこで突出してくるギタープレイはデュアン・オールマンなんだろうなぁ、きっと。ドブロ弾いてたり何気にスライドじゃないか、ってのもあるし、結構掴みどころのないアルバムなんだけど、アメリカのああいうスワンプ的なのが好きな人は抵抗ない音なんだろうね。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply