Delaney & Bonnie & Friends - On Tour With Eric Clapton

3 Comments
Delaney & Bonnie & Friends - On Tour With Eric Clapton
オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン

 聴かず嫌いのままでほっといたアルバムもたくさんある。会話してると「え?聴いてないの?」なんてことを言われることも多いんだけど、そりゃそうだろ、全部聴いてないだろ、普通、とか思うんだけどな。ロックの名盤らしきものは全部通ってるみたいに思われてるし、そりゃ聴けるなら聴いておくべきとは思うけど、何か性に合わないのなんて別に聴かないじゃない?特にアメリカモノではそんなの多いし、かなり聴いてないと思う。だから今この年にして初めて聴いてかんどうするようなアルバムもあるワケですよ。それもまた楽しくてね、良いです。

 Delaney & Bonnie & Friendsの「On Tour With Eric Clapton」、そうもちろん有名なエリック・クラプトンが参加した、ってヤツですがね、自分も大して調べてなかったのもあるけど、まず、メンツがほぼ英国人のスワンプ・ロック好きな連中ばかりで、デイブ・メイスンやボビー・キーズ、リタ・クーリッジなどなどで何でデラニー&ボニーのバンドでそうなる?と不思議に思ってると彼らの英欧ツアーのバックとして参加したのがその面々ってことね。自分たちのバンドだけじゃなくて一緒に多数のメンツでやったってことらしいけど、それにしてもデイブ・メイスンの曲演ってたりとかするし、結構な密接度合いだなぁともうちょっと背景を知っていかないと何でこういうメンツになっていったのか分かんないや。適当に音楽だけ聴いて良し悪しじゃなくってね、そういうのって自分的には結構重要。そういえばクレジットないけどジョージも参加しているとかいないとか…、それはまぁどっちでも良いけど、アメリカ南部のサウンドにブルースギターが入ったもので、まだまだその発想が斬新だった頃の創成期アルバムになるのかな。

 ん?いいじゃん、これ。 ってのが最初の感想。ボニーさんの歌い方ってジャニスみたいだしさ、熱唱型で好きですよ、こういうの。クラプトンのギターも結構エグい音で鳴ってて雰囲気出てるし、ジャニスのバンドみたいな雰囲気だしさ、ゴチャゴチャしたホーンセクションとの融合もそれらしいし、何だ、南部の音でとかレイドバックしたクラプトンの原点はここにあるとかそんな事が書かれてるのばかり読んでたから聴く気にならなかったけど、普通にサンフランシスコ風味なジャニスのバンド風味なロックじゃないか。それならもっと早く聴いてたのにな(笑)。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 3

There are no comments yet.
デューク中島  
裏ジャケットが いい感じ

メンバーが 野原を 雑談でもしながら 歩いてる感じで、クラプトンが下げてるのは レスポール カスタムのケースだろうなとか 思って 見てたものです。この頃の ジョージが サイドを弾いてる 白黒ブートレッグ ライブDVDも いいですよ。YouTubeにも UPされてたと思いますから 機会が有れば ご視聴下さいませ。

2017/10/04 (Wed) 21:21 | EDIT | REPLY |   
フレ  

下記コメント頂きまして、ご指摘感謝です。

>ボビーキーズもリタクーリッジも生粋のアメリカンです。(むしろ英国人はエリックとメイスンとジョージだけじゃないでしょうか。)何で彼らがメンバーなの?ではなく彼らこそがD&Bの堂々たるメンバーです。後にジョーコッカーをVo.にして連中は根こそぎレオンと共にマッドドッグスとなってしまうというD&B夫妻にとっては不幸が訪れます。ついでですが、まさかカールレイドンやジムゴードンもドミノスだから英国人だと思われてませんよね?

2017/10/07 (Sat) 23:11 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

これまで全く興味ない世界の音楽だったんでその辺があるのも知らないんですよね。
ちょこっと探してみますね。感謝です。

2017/10/07 (Sat) 23:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply