Johnny Winter - Nothing But the Blues

2 Comments
Johnny Winter - Nothing But the Blues (1977)
Nothing But the Blues

 ブルースって一言で言うけどさ、もちろん特定のパターンだけの音楽でもなくって実に様々なスタイルや形態があって、例えばシカゴスタイルからテキサス、カントリースタイルやドブロでのプレイ、アーバンブルースやモダン・ブルースなどの違いはもちろんあるし、ロックと融合してくるとそれはもっと多様になるんで、簡単にブルースとも言えないパターンまでもが出て来る。もちろん時代と共にそのアグレッシブさは変わっていくんだけど、それを実にプログレッシブに進めていたのがジョニー・ウィンターだったのかもしれない。ちょいとハードに弾きまくるブルーススタイルからR&R、ハードロックまで駒を進めつつ、黒人ブルースのルーツに立ち戻ってのブルースまでをそのキャリアの中で存分に発揮して作品を残してくれている。ホントに何でも好きでブルースやりたかった人なんだなぁ…と。

 Johnny Winterの1977年リリースの「Nothing But the Blues」。まぁ、アルバムジャケットだけでも聴いてみたいって思わせるセンスもあるが、中味としてもマディ・ウォーターズとのジョイントアルバムとも言えるし、ジェームス・コットンとのアルバムとも言える純黒人ブルースとの融合を果たした多分ジョニー・ウィンターのアルバムの中では一番黒人ブルースに接近したアルバムなんじゃないかな。だから、思い切りブルースしているアルバムで、装飾のないジョニー・ウィンターを味わえる。何せマディ・ウォーターズのバックバンドっつうかジェームス・コットンのバンドがバックで演奏してるし、ジェームス・コットンはそこかしこでハープでジョニー・ウィンターに絡んでくるし、最後の曲なんてのはマディ・ウォーターズ作曲で本人が歌ってるし、それがジョニー・ウィンターのアルバムのラスト飾ってるワケよ。どんだけ敬愛した作品なんだよってくらいに愛に溢れたアルバム。

 ジョニー・ウィンター作曲のオリジナル作品ばかりなんだけど、どっからどう斬っても普通にどこかのオリジナルブルースな作品ばかりで、誰がカバーしてもおかしくないし、誰かの作品だって言ってもおかしくないくらいにブルースってモンを知っている人のアルバム。スタイルはモダンもアーバンもシカゴもドブロもロックもあってブルースと言われるものは何でも吸収していたジョニー・ウィンターの本領発揮と言わんばかりの作品で、休む間もなく次から次へとブルースを味わせてくれる。全く驚くべきプレイヤーです。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
おっさん  

ジョニーのブルー・スカイ・レコードから出ていた、
これとマディのハード・アゲインはよく聴きました。

2017/10/01 (Sun) 19:30 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>おっさん

そうそう、そのマディのアルバムもその内、って思っててでてきてない一枚です(笑)。

2017/10/07 (Sat) 23:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply