Mike Bloomfield & Al Cooper - Fillmore East: The Lost Concert Tapes 12-13-68

1 Comments
Mike Bloomfield & Al Cooper - Fillmore East: The Lost Concert Tapes 12-13-68
Fillmore East: The Lost Concert Tapes 12-13-68

 アメリカでのホワイトブルースってのは人種差別も手伝ってか、さほど数多くのミュージシャンがその道を辿ったワケじゃない。ロック黎明期においてはもうバターフィールドのところくらいしかなくって、その後にジョニー・ウィンターが出て来るくらい。サザンという枠組みではオールマンがあるけど、黒人ブルースに云々ってのはあんまり出てこないしね。ジェファーソンやデッド、CSN&YやThe Bandなんてのもブルースというのと直接的につながってはこない。ジャニスはベッシー・スミスってのあるか。英国の若者は人種差別的概念がなかったから聴いて響いたのを真似てみた、なんだけどアメリカはね、そんなの聴いてたらそれこそ村八分だったろうし。でもその世界に入っていった連中は凄いよね。だから真剣にはまり込まないとどうしようもなかったんだろうな。

 Mike BloomfieldとAl CooperによるSuper Session企画は幾つかのライブを経て生み出されたモノだったが、その実験的要素を含んだライブテープは紛失したとのことで幻のライブと思われていたけど、それが発掘されたってことでリリースされたものがこの「Fillmore East: The Lost Concert Tapes 12-13-68」。何と驚くことに「It's Own My Fault」という曲では若き日の、そう、デビュー以前のジョニー・ウィンターがバリバリに弾いて歌っているという貴重さ。この時点でこんだけのプレイしていたってのも凄いし、既にギターヒーローだったマイク・ブルームフィールドを前にしてこれだけ弾きまくり歌いまくるってのも凄い。どっからどう聴いてもジョニー・ウィンターの個性が盛りだくさんなプレイスタイルは圧倒的だ。対するマイク・ブルームフィールドのプレイはこの「It's Own My Fault」という曲においてはブルームフィールドらしさからちょっと離れたプレイに徹してジョニー・ウィンターとの個性の違いを出しているのだろうか。ほとんど聴くことのないフレーズがふんだんに使われている。

 ライブは1968年12月のフィルモアイーストだから、こういうギタリスト二人がセッション的に音をぶつけ合うなんてのもそれほど試されていなかった頃だし、英国ではクリームがライブでそんなことしてたかなって頃。Led Zeppelinが生まれた頃か…、既に50年程前の話なんだから恐れ入る。こんなライブを今聴けるか?聴けないんだよなぁ、何でだろ?どこがどう違うんだろうなぁ…、って思うくらいこの時代の面白さを実感しつつ、更にブルースギターの楽しみを思い切り味わえるライブアルバム、素晴らしき発掘、ブルースロック的なの好きだったら必ず聴くべき傑作ライブ盤だ。久々に聴いてたら燃えてきたわ、やっぱり。ジョニーもマイクもスゲェ。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 1

There are no comments yet.
デューク中島  
こんな所にも ジョニーウィンター

この発掘盤は 嬉しかったです。似たような 伝説的ライブの発掘盤として デュアン オールマン存命時の アトランタ ポップでのライブ盤が ありました。そこにも ジョニーウィンターが出てて びっくりでしたね。

2017/09/29 (Fri) 22:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply