Keef Hartley Band - The Battle Of North West Six

0 Comments
Keef Hartley Band - The Battle Of North West Six (1969)
The Battle Of North We

 ホントにBluesbreakersってのは様々なブルースロックプレイヤーを輩出しまった。たもんだとあれこれとクレジットを調べていると判ってくる。昔はレコードのクレジットで名前覚えてて、それが出てくると「あれ?」ってな感じで見直したりしないとよく分からなかったんだけど、今はネットで全部関連性も含めて見れるから、そうだったんだ、とかこの人もなのか、なんてのは今でもアチコチで発見されてて楽しめる。もう、この人誰だっけ?とか忘れてるのもあるけどさ、それも紐解いて行けばわかってくるし、意外な所で意外なつながりもあるし、今こそそういうのを体系化してツリーしていくべきだよ。

 Keef Hartley Bandの1969年のカッチョ良いセカンド・アルバム「The Battle Of North West Six」。初っ端からミラー・アンダーソンのヘヴィブルース風ギターが直撃してくるので一気に引き込まれていく。やっぱりブルースブレイカーズ絡みは凄いなぁ…と。あれ?それはキーフ・ハートレーだし、この人は?ってなるが、実は後々にSavoy Brownに入ってKim SimmondsとStan Webbとのトリプルギター編成を組むことになる人。納得でしょ。んでね、このアルバム聴いてると分かる、ってか最初からそうなんだけど、スゲェベースが鳴ってるんです。ゴリゴリでガキガキで自己主張の嵐のようなベース。どこのどいつがこんな音鳴らすんだ?って名前見て驚くのがゲイリー・セイン。まさかこんな所で武者修行してたのかって思うくらいだけど、こういう基礎があるからユーライア・ヒープだったんだな…とか妙に納得。元々その辺で出てきている人だから実は色々と参加してるんだよね。話が逸れるんでその辺はまたいずれ、になるけどさ。キャリア的に見るとユーライア・ヒープの活動が一番ヘンなのかもしれない。

 話を戻してこの超ヘヴィなブルースロックバンド、ホーンセクションもあったりするし、ベースはそんなんだし、ギターは思い切りブルースロックだし、歌もそのまま。更にハリー・ベケットのフルートもあるしさ、そりゃもう当時誰でもやってた音楽だから受けるのも当たり前だけど、生き残るのも難しかっただろうな、というくらいに個性はなかなか見つけにくい。今となってはネームバリューで知られることもあるのかな、うん、でも、こういうブルースロック、いいよ、気持ち良いよ。自分の進歩がないだけかもしれんが(笑)。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply