Savoy Brown - Raw Sienna

1 Comments
Savoy Brown - Raw Sienna (1970)
Raw Sienna

ブルースロックと一言で言っててもやっぱり結構違いがあるもんで、好みの差が出てくる。この辺は初期体験の違いになるのだろうけど、ヘヴィーに心に響いたモノがやっぱりいちばん好きなんだよね。それはもう自分的にはブルースだったけど、世間的にはブルースロックの範疇で、モノホンのブルースってんではなかったんだが、それでもこういうのがブルースなのか、と衝撃を受けるには十分なレベルだったのだ。まぁ、ジャニスやらZeppelinやらMike Bloomfieldあたりだったんだけどね。

 そこからすると英国の3大ブルースバンドとして語られているFleetwood Mac、Chicken Shack、Savoy Brownってのはブルースロックってよりもブルースベースでのロックバンドってイメージで、それも初期はブルースから始まってるけどすぐに進化していった英国お決まりのパターンなワケで、それもやや軽めに聞こえるのが自分的感覚。そんな中からのSavoy Brownの1970年5枚目のアルバム「Raw Sienna」。とりたててコレってんでもないけど、全盛期周辺のメンバーも安定してた時期のアルバムだ。その分既にブルースバンドという枠組みからは大きく外れていて、こちらもブルースにホーンセクションを導入していて、シカゴ影響ありありか。そこに英国風味の牧歌的感性が働いているんだから面白い。Kinksにバターフィールドバンドが加わった感覚があって、実に中途半端(笑)。その面白さが受けたんだろうけど、この辺別の感覚で聴いていると面白いのかもなぁ…と思った。

 自分的にはどうもブルースギターを聴いてしまうので、曲全体が軽いからそこでギターのエグさが出てきても、なかなかバランス悪くてブルースなんだけどブルースバンドってんでもないなぁ…みたいに思えててね、割と全アルバム聴いてるんだけど、どうにもハマれないバンドのひとつ。んでもKinks的に聴くというスタンスなら聴けるのかな。その意味だとかなりユニークなバンド。英国3大ブルースバンドの一角なんて思うからおかしくなるんだ。70年代以降はもう発展している英国バンドとして聴こう。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 1

There are no comments yet.
デューク中島  
30年位 かけてない盤

曲やギターフレーズは 悪くないんだけど、ブラスやストリングスが邪魔に感じるんですよね。この数年後の ややスワンプ風の時期も苦手でした(苦笑)。

2017/09/22 (Fri) 22:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply