Public Image Limited - Paris Au Printemps

Public Image Limited - Paris Au Printemps


 ロックってのは実に色々な表現の仕方があるものだ。魂込めて吐き出すのも一つの方法だし、ひたすらに内向的に絶望感を煽っていくのもひとつ。そこらヘンの好みというのが音楽形態に表れてきてリスナーを選ぶと言う感じだけど、聴く側はそこまで意識していないから好みというだけでの基準になるのかな。もうちょっと音楽的見地の高い人はそうでもないんだろうけどさ。多感期にそういうのを聴くとシリアスなのとくだらないのが判ってしまうんじゃないかな…、ってかシリアスなのに出会ってしまうとそのシリアスさに気づいてしまうというかね、感性にもよるか。

 P.I.Lのライブアルバム「Paris Au Printemps」。1980年リリースのパリでの二日間のライブの編集アルバムだけど、それなりにキャッチーな曲なんてのはひとつもなく、ただただひたすらにストイックにアバンギャルドに実験しているバンドの進行形をそのまま記録しているもので、商業的見地はまるで入っていないというアルバム。それだから故に売れてしまうというか、ジョン・ライドンらしいというか、パンクの行き着く先にはこの手の妥協なしの路線をひたすら突き進むしかないと言うか…。芸術肌なんだろうね、基本的に。だから敏感な音をも察知して作り上げているし、そもそも作り上げるってことが出来る時点で芸術肌でしょ。自分がこういうのやりたいって見えてないと他のメンバーに伝えられないワケだし、それで出てきた音が自分が狙っているモノであるならばそれはもう完全に芸術家。しかも今まであまり聴かれる事のないサウンドだったりすればそれはもうあれみたいなこれみたいな、じゃなくてオリジナルな頭の中を伝えるしかないんだから見えてないと出来ない。そのセンスが凄いと思う。

 そしてこのライブだ。観客なんて思い切り無視ってくらいにストイックな感触、しかも「ダマレ」ってな発言で観客との距離を思い切り開けて、やりたいことをひたすらに実験的に展開している。うん、思い出してみればドアーズのライブもこういう雰囲気はあったな。そしてP.I.Lというバンド出来には最初期のオリジナルメンバーでのライブってことで貴重な瞬間の記録、そもそも「METAL BOX」の曲とか不可能だろ(笑)。しかしこういうのもしっかりとパンクだもんな…、更に言えば、パンクの発展系のくせに思い切り知性を感じるというのも不思議な話で、こういうロックの側面に惹かれるリスナーの気持ちは良く分かる。感受性高いんだろうなぁ…。



関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/4373-22a292ab

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ+

2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【18件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon