Tony MacAlpine - Maximum Security

0 Comments
Tony MacAlpine - Maximum Security (1987)
マキシマム・セキュリティ

 暑い夏に聴く音楽は何が一番適しているか、涼しくなる感じのモノが一番とも思えたけど、実はフュージョンとかも似合ったりするんだろう。一方コテコテのメタルなんてのも暑苦しい上に更に暑苦しくってことで案外似合ってたりするようだ。一番なのはやっぱり本来夏の気候というトコロで生まれて奏でられている音楽なんだろうから、ボサノヴァとかレゲエとかスカってのが一番なんだろうな。あぁ、そういう方向性もあるか…。流れ的に暑苦しくコテコテになってきてるからさわやかな路線も良いなぁ…。

 Tony MacAplineの1987年のアルバム「Maximum Security」。しかしここまで技術が発展してしまうんだなぁというくらいに70年代の音とは雲泥の差、それは音楽的な面でもギター的な面でもテクニカル面でも感じちゃうよね。もう今のギタリストの原型以上のが出来上がってるワケだし、そこに音楽センス的にはきちんとクラシカルな聴かせるという要素も入ってて、インストアルバムながらも垂れ流しではない聴けるメロディが載っている作品と言えるか。黒人がこういうのを奏でるんだ、っていうのもほとんど見当たらないのでその意味でもユニークな存在ではあるが、鍵盤から入っていることを考慮すればまだ納得できる。ソウル面やブルース面を一切感じさせることのないこのギタープレイはクラシックだけで出来上がっているとも思えないし、そのあたりはやはり新世代というべきものなのだろう。この時代でもまだ大勢いたギタリストと比較しても全然異なる方向性だ。ジョー・サトリアーニとかスティーブ・ヴァイと言ったあたりが近いものではあるが、いわゆるバンドで出てきたギタリスト達の世界とは全然違うもんね。

 それでもこの「Maximum Security」というアルバムでは当時ドッケンにいたのかな、ジョージ・リンチとナイト・レンジャーのジェフ・ワトソンがゲストで参加している。ただ、聴いてるとそれはそこまでクローズアップされる必要性もない程度で、やっぱり本人のギターと鍵盤プレイを出しまくっているってトコロで成り立っているのは当たり前で、更に曲の展開がよく練られてて聴きやすいというナイスな作品。自分的にはそれでもやっぱり飽きちゃうけど…、ギターの音を追いかけている分には凄いなぁ…としか言えない。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply