Dream Theater - Octavarium

2 Comments
Dream Theater - Octavarium (2005)
Octavarium

 暑い日々になっているけど、昔ほど苦にはなってないなぁ…って外に出てないだけか(笑)。暑さに慣れてきたワケでもなく、単純にクーラーの場所にいることが多くなっているからだけど、夕方から夜に外に出るとそんなに無茶苦茶暑くもないだろ、ってな感覚ではある。多分、何か間違ってるが。たまに日中に外を散策するとヤケに暑い事に気づくんだけど、キライじゃないんだよな、暑さって。人がいなきゃもっと心地良いだろうなんて思うが、それはもうしょうがない。

 Dream Theaterの2005年の作品「Octavarium」。随分と話題になったマイク・ポートノイの脱退劇だったけど、全然興味なくて誰それ?的な感じでしか思ってなかったからなぁ…、そもそもDream Theaterって聴かなかったしさ。最近だよ、なかなか大打撃だったんじゃないのか、それ?ど真ん中の男がいなくなる、ってことだろ?みたいなのに気づいたのはさ。それくらいでしかなかったので、このあたりのブログ記事なんてアテにしなくてサラリと読んでいただいて結構です…(汗)。とは言え、このアルバム、深い意味がアチコチに散りばめられている知的な面でも傑作で、練りに練って緻密に作り上げられたシロモノってのは有名なお話。意味深な部分から音そのものまで全てが整合性を保っていて、どれもこれもが全部つながってくるという音楽。そこまで作り込める狂気ってのはなかなかいないし、本当に天才なんだろうなぁ、ってのを感じるので先の脱退劇の重さが判ってきたという事だ。

 音楽的なトコロで自分の好みか?と問われると決してそんなことなくって、どこかがあまり好みではない。多分本質的なトコロ…、湿っぽさというのか英国らしさと言うのか…、そりゃアメリカのバンドだからさ、文化的なトコロでの物足りなさってのはもうしょうがないんじゃないかと。解明できるのだろうけど、そこまでは拘ってなかっただろうし、どこかその部分が耳慣れたのと違うかなってのはある。それにしてもこんだけ完璧なのが出て来るのはどういう才能なんだ?って思ってしまうし、実際凄い才能の持ち主ばかりなんだろうし、だんだんハマってくる音ではあります。もうちょっとしたら全部聴いてアレコレ言ってるのかもしれないくらいには興味深い。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
風呂井戸(Photofloyd)  

Dream Theater「Octavarium」とくると、なんと既に懐かしくなります。そうですもう10年以上前になるんですね、一昔前ってことですものね。しかしなんと言っても私個人的な感動は、プログレの低迷期の「Images and Words」ですね。あれが一番感動的でした。
 昨年の「The Astonishing」は、やっぱり彼らの頭の何処かにロジャー・ウォーターズ時代のピンク・フロイドがあることが解りました。しかし彼らはそれをあまり意識しない方がDream Theaterらしいと思ってます。

2017/07/16 (Sun) 21:38 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>風呂井戸さん

今でもよく分からないんですよねぇ…。
なら書くな、って話ですが、挑戦してもなかなか理解できず、まぁ、そういうのもありますかね。

2017/07/17 (Mon) 20:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply