Maddy Prior - Woman In The Wings

2 Comments
Maddy Prior - Woman In The Wings (1978)
Woman In The Wings

 英国ロックの奥深さってのを実感している人も多数いるだろうし、これから入っていく人も多いだろう。そしてそういうのにお構いなしに普通にへぇ〜とかそうなんだ、的に見ている人も多いだろうし、単に眺めているだけの人もいるだろう。色々いるんで誰向けに、なんてのは大して考えていないけど、やっぱり英国ロックは深い。マーティン・バレかぁ…なんてアレコレしてたらココに行き着いた。

 Maddy Priorの1978年リリースのソロアルバムとしては初めての作品「Woman In The Wings」をリリース。タイミングとしてはSteelye Epanを解散した後にクリサリスからのリリースになったんだけど、そこには同じくタイミング的にトラッドに傾倒していたジェスロ・タルの面々が在籍していて、その関係からかマディ・プライアのこの「Woman In The Wings」もジェスロ・タルの面々が全面協力どころかプロデュースまでしている。はて、それはそれで実に楽しみな組み合わせなのだが、驚くことに見事な融合体としてのアルバムに仕上がっていると言わざるを得ないだろう。それ程に完成度の高いアルバムが出来上がっている。

 ジェスロ・タルほどの器用なメンツがプロデュースに関わってくると当然アーティスト側は巻き込まれていってしまうものだが、マディ・プライアは全ての曲を自分自身で作詞作曲して、スタジオに持ち込み歌い上げている。タルの面々はコレをどうプロデュースするか、だけだったので、いつもの自分達のような作風で仕上げている。結果的にはストレートで抜けるようなマディ・プライアがタルの複雑なアレンジと楽器群を背景に歌うというシロモノで、これがまた見事。当然ながらイアン・アンダーソンの独特のフルートが鳴り響くし、マーティン・バレのナイスな独特のギターソロも聴かせてくれる。そして何といってもタル風味の味わいが醍醐味。

 作品としてはかなり地味なポジションにあるが、もっと英国ロックからトラッド、更にはタルのプロデュースのおかげでの幅広い歌を披露することになったマディ・プライアの底力の魅力。そんな美しき変態的な融合作品だと知ってもらいたく思う。深い作品とはこういうのを言うのだろう。素晴らしい。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
年に10回位は かけてるかも

前歴の色は ほとんど無くて、新鮮なソロ作品だと思います。これとSILLY SISTERS は カラーは違うけど 好きですね。

2017/07/11 (Tue) 21:15 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

意外なトコロでの反応でしたが、やっぱり面白いですもんね。

2017/07/17 (Mon) 20:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply