The Gods - Genesis

0 Comments
The Gods - Genesis (1968)
ジェネシス

 こういうバンド名を付けるあたりからして相当の自信があったんだろうと思ってしまうが、若気の至りなんだろうな、きっと(笑)。昔、The Godsというバンドにユーライア・ヒープのケン・ヘンズレーがいたらしいから探してみるかと思ってて、アチコチのレコード屋を漁ってたんだけど、これとは全然異なるジャケットのヤツが見つかって、もちろんその時はアルバムジャケットがどういうのか知らなかったからそのアルバムを買ってったワケだが、家に変えてレコード聴いてるとどうも全然違う感じがする…、クレジット見ても全然見当たらないし…なんて思って聴いてて全然面白くなくって、そりゃそうかとも思ったけど不思議にも思っててね。そしたらとある日、このジャケットを見かけて、あれ?これ?みたいになってまた買ってったワケよ。そしたら今度はなるほどなぁ、こういうのか…と思った次第で、じゃ前買ったのはなんだったんだ?とアレコレ調べてみればアメリカのThe Godsというバンドだったというオチ。

 The Godsの1968年リリース作品「Genesis」。ユーライア・ヒープのケン・ヘンズレーとリー・カースレイクが参加していた正に前進バンドとも言えるトコロだが、あの躍動感はここには見当たらない。もっと素直にオルガンハードロックが演奏されているというトコロで、ギターなんぞ全然目立たずにひたすらオルガンによるハードロック…ってほどハードでもないなぁ…。オルガンロックってトコロか。随分と牧歌的でキャッチーだし、歌メロも口づさめるレベルのものだし、時代もあってかちょいとサイケ風味なトコロもある。実は売れたんじゃないだろうか?ってくらいにはポップに近い作品で、楽しめると言えば楽しめるから面白いけど、よくよく聴いてるとビートルズの影響もかなりあるんだろうな、ってのも思った。

 60年代ってこういうのだろうな。まだロック的なのが全面に出てこないで音楽を演奏する、色々なアプローチで演奏する、みたいなのが中心でさ。60年代終盤になってくるとガツンとしての出てくるけどさ、多くはその変化に気づかないでこういった作風のバンドだったワケだ。やっぱりそれを思うとジミヘンやクリームってのは強烈だったんだなぁとシミジミ。そして途中、ケン・ヘンズレー独特のあのヒープで見せたサウンドがモロに出てくるので、コイツは面白い。あのコーラスに独島のドライブ感、そしてハイトーンと抑揚感に包まれたメロディ、素晴らしい。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply