The Rolling Stones - Ladies and Gentlemen CD

0 Comments
The Rolling Stones - Ladies and Gentlemen
レディース&ジェントルメン(限定盤)

 昔ストーンズのビデオを見ていて1972年のライブの映像が一部使われてて、それがとてつもなくカッコよかった事からストーンズで一番良いのは1972年のライブなんだろうな、って思ってた。1990年に初来日公演が実現したんだけど、その時はもうジジイのストーンズって感じだったから、1972年のストーンズの姿なんて到底見れるワケもなく、あのライブ映像見れるもんなら見たいモンだ、なんて思ってた。まぁ、その後裏世界に入ると普通にあるシロモノだったんだけど、ストーンズの裏モノに手を出すほどゆとりもなく割とスタンダードなもの以外は手を出さずにいたからまともに見たのはオフィシャル化されてからになるのかな。

 The Rolling Stones「Ladies and Gentlemen」のサウンドトラックという位置付けになるのか、1972年6月24,25日にテキサスで行われたライブからの抜粋映像と音源になるんだが、差し替えなども発生していて今回どうなってるかまでは検証してないしする気もないけど、単純にあのストーンズ、全盛期のストーンズが楽しめるのか、ってことでちょいとワクワクしながら聴いてみる。映像もついでに見てるんだけど、この頃のヤツって暗くてカメラもワケの分からないトコロを写したりしててカッコ良さは通じるものの見ている分にはちょいとツライのも多い。もちろん貴重な記録だし、とにかく若々しいしバンドとしての勢いが凄いのは一発で分かるでしょ。ミックとキースも仲良さげにステージでライブしてるし、ミック・テイラーのギターの音色の美しいこと…、キレイなギター弾くよねぇ、この人。

 もっと早くにリリースしてほしかった作品だ。そしたらもっとストーンズにハマったかもしれないのにな。しかしまぁ、皆絶好調で、とになくカッコ良い。こんだけ毒々しい雰囲気を出しながらライブやってるバンドもそうそうないだろうよ。やっぱロック的に凄い。ブルースからの逸脱、ストーンズ流ロックの確立、カントリーへの接近と貪欲に音楽的に広げていった時期、その傑作が「Exile on Main Street」というアルバムに集約されているのだが、正にその頃のライブで、悪いはずも無かろうよ。カッコ良いな。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply