Richard Thompson - Hand of Kindness

0 Comments
Richard Thompson - Hand of Kindness (1983)
Hand of Kindness

 英国メロディのセンスの面白さは脈々と玄人好みの世界に受け継がれている…と思いたい。近年でもこの手の良質なメロディーってのがきちんと受け継がれているのかどうかはよく知らないけど、多分こういうことやってる人はたくさんいるんだろうと思う。表現やアレンジが変わっても本質的なメロディセンスは流れていて素朴にそういうのを出して受け入れられる土壌もあるだろうし、ちょっと話題になったりするだけで良いんだけど、そういうの知りたいよね。ただ、このヘンってオリジナルプレイヤーがいたらそれで十分とも言えるからフォロワーが必要かどうかってのは時代が選ぶかも。

 Richard Thompsonの1983年リリースのソロアルバム3枚目となる「Hand of Kindness」。冒頭はノリノリのカントリーソングが出てきて、おいおい、それで良いのか?なんて思ったりもするけど、これもまたリチャード・トンプソンの特技の一つ、カントリーってのはケルトとルーツを共にする土着音楽でもあるし近似的資質は持ち合わせているんだからこういうのが出来上がってもまったくおかしくはないんだが、やっぱりどこか違和感あるのが本音。80年代ってのもあるからか音的には時代が反映されてしまっているけれど、よくよくクレジット眺めてみれば単純にFairport Conventionが揃っていると思ってもらえれば良い…どころか思い切りフェアポートじゃねぇか。プロデュースもジョー・ボイドだし、ボーカルが女性じゃないだけでモロです。だから故、色々と遊べると言うか、多様なスタイルに挑戦していてカントリーからポップ的ロック的、いわゆるエイティーズ的なのもいつものフェアポート的なのもあったりと実に多彩な楽曲が収録された作品になってる。これをどう聴くか、ってのはあるけど、そもそもリチャード・トンプソンのアルバムを聴こうなんて人はそれなりのバックボーンがある人だからこういうのいくら作ったってリスナーは離れないだろうし、ある種自由ではあるよな。その分、何作ってもそんなに売れないってのもあるんだろうが(笑)。

 相変わらずギターが目立ってるのは当たり前だけど、あのリチャード・トンプソン節な妙なギタースタイルがもうちょっと聴きたいかなぁ…、まぁ、聴けているといえば聴けてるからこういうモンなんだが、それにしてもいつ聴いても不思議な音色。ライブ映像見てると普通にストラト弾いてるだけなんだけど、どうしてこういう音色が出てくるんだろう、と毎回思う。こんな風にギター弾く人それこそいないだろうし、やっぱり個性的なプレイだ。何度となく聴いて楽しみそしてどんどんとその深みにハマっていく自分が楽しみです。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply