Johnny Winter - Live at the Filmore East 1970

0 Comments
Johnny Winter - Live at the Filmore East 1970
Johnny Winter &-Live at the Filmore Ea

 まだロックがロックとしての道を模索している時代のサウンドは実に熱気があって面白い。皆が皆可能性を求めて試行錯誤したり実験してみたり好きなものをいくらでも融合させて発展させてみたりと当人たちにどこまで意識があったかどうかは別として結果として残されているアルバム郡を聴いているとそういうのがよく分かるものが多い。ライブひとつ取っても実に実験的にトライしているライブばかりで、定型的にスタジオ音源を再現するんだ、なんてのはほぼ皆無だったんじゃないだろうか。だからこそのライブアルバムの面白さってのはあるけど、機材がそこに追い付いていなかったのはあるか。

 Johnny Winterの発掘ライブアルバム「Live at the Filmore East 1970」。1970年10月のフィルモアイーストのライブを生々しく録音してある作品で、見事ここまでの音でリリースしてくれたと言わんばかりの傑作ライブ。相棒はリック・デリンジャーの時代、即ち「Live」のライブツアーと同じ頃のショウだから逆に「Live」がどんだけ編集されてたってのも判ったりするんだけど、それはともかくとしてこのライブそのものを存分に楽しめれば良いんじゃないかと。ホントにさ、「Live」の方がアルバムとしての出来映えは素晴らしいけど、こちらの「Live at the Filmore East 1970」は臨場感とライブ感と何よりも生々しさが凄いから甲乙つけがたい、というかこっちの「Live at the Filmore East 1970」の方が白熱してるんじゃないだろうか。二人ともギター弾きまくりだし、上手いしさ、こんだけギター弾いてくれると聴いてて気持ち良いよ、やっぱり。やりすぎなのは判ってるけどさ、それでもやりすぎまくってて、その潔さがギター好きには堪らない。

 それにしてもジョニー・ウィンターってブルースメンに近いハードギタリストって印象はあったけどこの頃ってのはもうロックギタリストだよね、完全に。ブルースルーツのロックギタリスト、もちろんブルースやりますが、基本速弾きロックです、みたいなさ。リック・デリンジャーがそこにいるからその側面も強調されてて、ブルース聴きたいなぁってのから結局ロックにハマってしまって聴いてるんだが(笑)、発掘ライブ盤って強烈なの多いし、しかもフィルモアだからさ、熱気入ってないハズなし。この熱気ってこの時代特有だけど、ホント誰もが誰にも負けないという気迫でプレイしてる。こんなのマイク・ブルームフィールドとか見てたのかな…、どう思ったんだろ、なんて知りたいモンです。クラプトンからしてもジョニー・ウィンターってどうなんだろ?ちょいと興味あるね。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply