Ten Years After - Alvin Lee & Company

2 Comments
Ten Years After - Alvin Lee & Company (1972)
Alvin Lee & Company

 ギター弾きまくり、ってのは言うほどアルバムって無いのかもね。そりゃ売るためにリリースするレコードなのにそんなのばかり入れてたって売れないし、ライブでやってるだけならともかく、それでも飽きられるだろうし、ライブ盤にしても編集して聴きやすいサイズにしておかないとってのもあっただろうし、割と見当たらないんだよな。最近でこそ未編集ライブバージョンなんてのが出てきて弾きまくり感たっぷりなのあるけど、やっぱりそれでもそこまでじゃない。そりゃさ、全曲そんなんじゃダメだからある程度って許容はあるのだが…、自分でもどんなの求めてるか分からないけどね、熱いのを欲してるのかな。

 Ten Years Afterの筆頭格ギタリスト、Alvin Leeも弾きまくりギターの元祖と言えるくらいの人だったけど、昔から好きだからアルバムはほとんどブログ記事に上げてるかな。んでも、抜けてるのもあるからいいか、ってことで1972年リリースの「Alvin Lee & Company」。編集盤ってことで割とスルーしてた部分あって、真面目に聴いてた事無いもん。イマイチ面白くなかったってのが大きいけど、やっぱりオリジナルアルバム好きだったしね。もうちょっと深く判ってくるとこういうのがありがたくなってきて楽しめたんだろうけど、そこに行く前で熱が冷めてたってトコだ。んで、改めてコイツかぁ…と聴いていたんだけど、基本的にデラム時代の未発表曲が集められてて、そりゃ面白味ないだろうよ、ってものばかり。肝心のギタープレイだって面白味のあるものなんて大してないし、何だろな〜って感じだけど、「Crossroad」と「Boogie On」ってライブ収録しているのだけは別格。TYAはこういうのがあるから外せないんだよねぇ。

 「Crossroads」はあのクロスロードと同じ曲だけどTYA的解釈によるカバーで、もちょっとペタっとした感じで普通に近くプレイされてる。ギターソロはいつもの手癖がほとんどだから特に凝ってるってんでもないけど、やっぱりこなれてて良いよね。曲も馴染み深いし別のギタープレイによるスタイルだし、それがアルヴィン・リーだから余計に楽しめた一曲でライブだし、さすがです。んで、もうひとつの「Boogie On」はもうJohn Lee Hookerのカバーなんだけどそれはもう原曲って?くらいなモンで好き勝手にウッドストック並のアドリブプレイ爆発をそのまま記録していて、これこそTYAの醍醐味そのもの。こういうのが聴きたかったんだよ、ってくらいの白熱ぶりが素晴らしい。ちなみにこのアルバムに入ってうのはどれもこれもTYAの再発CDでのボーナステイクで入ってるから初期のアルバムの書い直しでも聴けます。しかし燃えるぜ、こいつは…。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
逃げられたDERAMの苦しまぎれリリース

って感じがする盤でしたけど、クリサリス移籍後の彼らが卒業した(失なった) 粗く ザラザラした時代の音が それなりに よかったですね。今年の初めに 久しぶりに かけましたよ。ジャケットは 彼らの作品中 1番 かっこいいかもです。

2017/04/12 (Wed) 21:50 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

それでも今となってはしっかりTYAのカタログに残ってて価値ある一枚になっているんだから面白いですね。

2017/04/16 (Sun) 19:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply