Barclay James Harvest - Time Honoured Ghosts

Barclay James Harvest - Time Honoured Ghosts (1975)
Time Honoured Ghosts

 このヘンの聴いてると懐かしいよなぁ…、ってもそんなに古い話とも思ってないんだが、よく聴いてたんだよ、ひたすらにさ。レコードとギターだらけの部屋であちこちにレコード置いてあって、片っ端から聴いててね、あぁ、いいな〜、これはこういう音なんだ、とか何か本で調べながらとかそんな感じ。ネットとかなかったしさ。んで、また中古レコ屋行って仕入れてきては繰り返し。面白いのもあればまた今度ね、ってのもあって色々と仕入れていた。その分知識も増えて楽しみも増えた。今よりも確実に大切に音楽聴いてたし、楽しんでた。そういうのを思い出すから古いロックを聴いてる連中は古いのばかりを好んで聞くのだが(笑)。

 Barclay James Harvestの1975年作「Time Honoured Ghosts」。もちろんまだまだ全盛期の作品でして、いや、このバンドもキャリア長くてプログレ畑的な所にいたからどうだっけな、と思ったんだけど実は意外な事に転換期を迎えてどうの、とかバンドが下火になった、みたいなのがない。ないと言うと語弊があるが、バンドでやり尽くして燃え尽きてしまった、っていうのが早すぎたのかもしれない。それでもバンドは違う音とスタンスを求めて早い時期に実践していて転換に成功していたワケで、それも含めてBarclay James Harvestってバンドだもん、っていう風に刷り込まれているワケよ。だから敢えて転換期をまた迎えることもなくバンドはひたすらにそういう姿勢を継続していった、と言える。そういう姿勢こそがプログレッシブだったのかもね。音的には初期はメロトロンの洪水と泣きのメロディーのオンパレードで自分的にも凄く好きなんだけど、いつしかフォーク的なポップラインも入ってきてて、泣きの云々ってのを違う形で実践していって、初期の仰々しさはさっさと鳴りを潜めていったのだな。それでもきちんと違うメロディでそれを奏でていたからBJHらしさは継続しているという。

 「Time Honoured Ghosts」は正にそんな代表的な作品で、仰々しさはもちろんほとんど無くて、ただ泣けるメロディラインはたくさん入ってる、どころかこの方が良いんじゃない?ってくらいに作品としての出来映えは見事。初っ端からビートルズの往年の曲のリフレインがそこかしこに使われてて、ビートルズへのオマージュ作品になってて面白い。それでアルバムが始まるからハードル上がるんだけど、しっかりとそのセンスを継続してアルバム一枚出来上がっているんだから見事なものです。フォーク調なポップラインが多く、それでもしっかり英国的なのは当然で、ビートルズを目指しました的アルバムなのかもな。正直、かなり傑作だけど、ガツンとしたプログレ好みには物足りない作品。でも、良いです。



関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/4201-c7f47e62

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ+

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【28件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon