Steve Vai - The Ultra Zone

0 Comments
Steve Vai - The Ultra Zone (1999)
ウルトラ・ゾーン

 ロックの歴史を追いかけているとやっぱりギタリストという存在は大きくて、それこそがロックの歴史だろ、って思うくらいの比重がある、と思ってる。その代表的なギタリストと言われる存在が60年代から大きく変わっていないのはなぜ?とも思うし、それ以上の革新的な刺激的なギタープレイを魅せてくれる人が多くないということだろうか。3大ギタリストとジミヘンを凌駕するレベルのロックギタリストってことになるんだけど、冷静にどうなのかなぁ…、テクニックだけならとうにそんなの超えてる人ばかりだけどね。その違いってのは歴史、か。

 この人もキャリア30年以上になってきているから歴史になっているのだろうけど、どうにも器用すぎて方向性とか指向性というものが醜くなっていて掴みどころのないスーパーギタリストという印象があるけど、やっぱりザッパからメタルシーンという変化そのものがそういうものとして定着していてソロ作を何枚か聴いててもその多様性がいつもクローズアップされる。果たしてどういうスタイルが自分に似合うのか、と言うよりは、多彩なスタイルに挑戦することで自身の可能性を試しているという感じか。その意味ではベックと同じような方向なのだろうから、ちょいと器用すぎるってだけか。

 1999年のSteve Vaiの作品「The Ultra Zone」。歌が入ってるから聴きやすいというのはあるだろうけど、こんだけやってると歌が邪魔とも思えるフシが多くて…、ギターだけで突っ走るには音楽性の多様さが物足りなさ感を覚えるという部分が出ちゃうのかな。聴いてて不思議な世界観に囚われることしばしば。何聴いてるんだっけ?って感じ。曲ごとにカラーが変わるから追求していくには頼もしいアルバムで、ゲスト陣営もそれなりに楽しめるからさすがのプロ、と思えるアルバム。ギタープレイ云々とかはもう言うことないから、どうしても作品としてのどうなの、って聴いちゃうのかな。その意味ではいつもながらよくわからない。本能的には何度も聴くかって問われるとそうでもないし。この辺がベックとかとの違いなんだよな、と冒頭の文章になるのだな。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply