Xandria - Theater of Dimensions

0 Comments
Xandria - Theater of Dimensions (2017)
キサンドリア『シアター・オブ・ディメンションズ』【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付き)】

 いつしか新作がリリースされててわ〜おっ!ってなることはよくある話で、アマゾンのリコメンドでアレコレ見たりしてるんだけど、どうにもアレ、偏ってて当然ながら自分が気にしてるもの全てのリコメンドなんてしてくれないから似て非なる部分は抜けてたりしてさ、知ってたらもうちょっと早めに聴いたのに、ってなことにもなる。別に聴くのが遅れたからどうってもんでもないから気にすることもないんだけどね。昔はやっぱり速く聴きたいっってのあったけど、そこまでじゃないバンドだからかな、そんなに焦らなくはなったか。

 Xandriaの2017年作7枚目のアルバムになる「Theater of Dimensions」。もうさ、メンバーも歌い手も変わっていってるから昔のバンドのサウンドの面影なんてのは感じられることなく、いつしか完全にシンフォニックなメタルの世界に突入していったことからその発展系へと進化しているようだ。Nightwish化したかと思ったら今度はクワイヤなんかも用いてるからEpica化していってるし、Xandria的な個性感ってのはどこに見い出せば良いんだろうなぁ…ってのが本音。多少なりともドイツ的民族音楽が入ってるとかなのだろうか、それにしてはちょいと弱いし。うん、楽曲そのものやプレイ、歌唱力や表現力なんてのはもうかなり洗練されたトップクラスのバンドの域にあって、十二分にメジャー感も漂ってる作品で、世界に出して恥じることのない出来映えだから、そこはもうプロなんだけど、それが故に個性的な所がちょいとわかりにくくって、って話。

 そもそもこの世界の音ってのは似ているものばかりで、そこの細かい所での差別化なワケだし、それが分かりやすければ良いけど、そうでもないってのはね。でも、多分その筋の人が聴けば分かる違いってのがあるのだろう。自分的には割と前からアルバム出るごとに聴いてるけど、いつも個性が不足してるって感じてて、それでもシーンにいてアルバム出すんだから個性があるのだろう。いつものことながら、それでも自分的にはサラリと流れてしまうアルバムが増えたってことになっちゃうのかね。しかし、この歌ってるお姉ちゃんの歌唱力、ハンパないテクニック…。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply