Hanson - Now Hear This

0 Comments
Hanson - Now Hear This (1973)
Now Hear This

 いつもの事だけど、系譜辿りによるアルバム漁りは大抵つまらないものを引くハメになって一気に方向転換を図ることが多い。やっぱりね、それなりに名を成していく人ってのはアルバムの質やバンドのレベルも他界んだけど、脇役になってくるとどうしてもソロアルバムレベルになってきてミュージシャンとプレイヤーの才能のズレが出てきてあまり面白みのあるものが出てこないケースが多い。名プレイヤー名監督ならずってヤツですな。

 ボブ・テンチが3曲程参加していることと、クライブ・チェアマンもメンバーで参加していることからギタリストJunior HansonがHansonとしてリリースした作品「Now Hear This」はJeff Beck Groupのメンバーが参加したアルバムとしてちょいと知られた存在になっていった。このJunior Hansonってギタリストさんって一体何者?ってな話、しかもアルバムはEL&Pで知られているマンティコアレーベルからのリリースなワケで、アルバムを聴いていても結構白熱したギターを弾くプレイヤーさんで、悪くないんじゃね?ってなモンだけど、ボブ・テンチが歌っている曲なんかはいつも通りな感じ。ちょいとブリブリした質感のサウンドが中心で、ロック的エッセンスが散りばめられているからそのヘンの融合がなかなか楽しめる。Funkadelic的な試行錯誤もあるのかも。

 しかし、B面の最後でのアグレッシブな混沌とした志向性はこれぞロックと言わんばかりの迫力あるセッションに仕上がっていて、こいつをやりたいがためのアルバムだったんじゃないか?ってくらいこの10分の曲に全てが集約されている。ロックバンドたるもの、この時代だったらこういう世界好きだもんな。白熱したそれぞれのプレイをぶつけ合って出来上がっていくテンションの高いサウンド、緊張感、スリリングな駆け引き、そんなのが詰め込まれていて意外とここでハマった。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply